トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~

2018~2019年 全11話 tvN

演出:ユ・ハクチャン

脚本:イ・ソジョン イ・シウン

出演:キム・ジソク チョン・ソミン イ・サンヨプほか

最高視聴率:3.196%(AGB)

あらすじをチェック!

ユベク(キム・ジソク)は、「シリウス」のリーダー。
歌手としても俳優としてもトップスターとして成功している。
華々しい活躍をしている一方で、過去のある出来事が原因で心に傷を抱えていた。
ある日、ユベクは飲酒検問を無視して授賞式に現れ、世間から大パッシングを受ける。
ほとぼりが冷めるまでヨジュク島で過ごすことになり、マネージャーから紹介されたオ・ガンスン(チョン・ソミン)という女性の家で世話になる。
文明から取り残されたかのように原始的な暮らしをする島民。
ユベクとガンスンは価値観の違いからぶつかり合うが、純粋で温かいガンスンにユベクは次第に惹かれていくのだった。

登場人物&キャストをチェック!

ユベク

・トップスター
・「シリウス」のリーダー
・歌手兼俳優

キム・ジソク

1981年4月21日生まれ/182cm/AB型。2001年、「リオ」のメンバーとして歌手デビュー。2004年、ドラマ「お嬢さんとおばさんの間」で俳優デビュー。彼にはメンサ会員でオックスフォード大卒のお兄さんがいらっしゃるんですって。ジソクさんご自身もイギリス留学を経て、韓国外国語大学でドイツ語と英語の教育免許を取得。さらに慶熙大学言論情報大学院文化コンテンツ学科にて修士課程を修めたそうです。そこまで勉学に励んだのに、芸能界入りしちゃうなんてもったいないような。イケメンだから世間がほっとかないのよね(笑)ちなみに、私にとってのお初は恐らく「個人の趣向(2010)」。「また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~(2016)」のジソクさんが大好きです。

__________

オ・ガンスン

・ヨジュク島民
・海女
・スーパー経営

チョン・ソミン

1986年4月7日生まれ/168cm/AB型。2006年、映画「シンデレラ」でデビュー。「イタズラなKISS(2010)」のヒロインと同姓同名ですが、彼女は「オーロラ姫(2013)」のロラ役で有名な方の(笑)チョン・ソミンさんです。折れそうなほどか細くて色の白いソミンさん。「1%の奇跡~運命を変える恋~(2016)」がめちゃめちゃかわいかったです。

__________

チェ・マドゥル

・最年少船長

イ・サンヨプ

1983年5月8日生まれ/182cm。2007年、ドラマ「幸せな女」でデビュー。彼を最初に見たのは「ミス・リプリー(2011)」。ユチョンの秘書的存在の彼を見て、この優しげなイケメンくんは誰だろうかとネットで調べた記憶があります(笑)その後「優しい男(2012)」や「チャン・オクチョン(2013)」を経て、すっかりその存在感と知名度は定着しましたね。最近見たばかりの「シグナル(2016)」では連続殺人事件の犯人役でした。優しげな笑顔の奥に隠された残虐な顔、そして深い心の闇が見事に表現されていて、心底恐怖感を覚えました。さすが。

__________

ミン・ナムジョ

・「シリウス」のメンバー
・歌手兼俳優
・ユベクの友達

ホ・ジョンミン

__________

ソ・イル

・ユベクの所属事務所 代表

チョ・ヒボン

__________

パク・ドンチュン

・ユベクのマネージャー

キム・ミンソク

__________

ガンスンの祖母

・南道料理の巨匠

イェ・スジョン

__________

ヤン・バンシル

・マドゥルの母

キム・ヒョン

__________

チェ・ハンボン

・村長
・マドゥルの父

イ・ハヌィ

__________

パク・グクソプ

・ドンチュンの父

チョン・ウンピョ

__________

イ・ヒャンギ

・ドンチュンの母

チョン・イラン

__________

以上「トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~」のご紹介でした。

画像は公式サイトよりお借りいたしました<(_ _)>感謝!

__________

お帰りの際は応援ポチポチよろしくお願いいたします↓↓↓


韓国ドラマ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

hacchi
hacchi
『冬ソナ』以来、韓国ドラマにのめり込んで早10年以上。その間に見てきた膨大な数のドラマの情報を踏まえつつ、私独自の視点に基づいた自由な切り口で、ドラマを紹介していきます。