ナインルーム

2018年 全16話 tvN

演出:チ・ヨンス

脚本:チョン・ソンヒ

出演:キム・ヒソン キム・ヘスク キム・ヨングァン オ・デファン イ・ギョンヨン チョン・ジェウォン(ONE)ほか

最高視聴率:6.155%(AGB)

ナインルーム|韓国ドラマ 最終回まで見た感想

あらすじをチェック!

お金と出世にしか目がない勝率100%の女性弁護士ウルチ・ヘイ(キム・ヒソン)。昇進を目前に控えたヘイはある日死刑囚として服役中の女性チャン・ファサ(キム・ヘスク)の減免委員会に参加する。その後、ファサの再審担当弁護士となったヘイは清州女子刑務所の弁護士接見所9号「ナインルーム」で再び彼女と対面することになるのだが……。

登場人物&キャストをチェック!

ウルチ・ヘイ

・韓国NO.1法律事務所タムジャン所属の弁護士
・勝率100%
・勝つためなら手段を選ばない

キム・ヒソン

1977年6月10日生まれ/168cm/O型。1992年、中学生時代、「きれいな顔選抜大会」で大賞となり、モデルデビュー。90年代最高のトップスターと言われるほど、彼女が出演したドラマはどれも大ヒットでした。結婚、出産を経て、しばらく活動を休み、「シンイー信義ー(2012)」でカムバック。私にとってはカムバック後の作品の方がなじみがあります。「本当に良い時代(2014)」と「品位のある彼女(2017)」が大好き。ヒソンさんはその美しさとスタイルの良さが抜群なことは言うまでもないですが、優しい語り口とちょっとハスキーな声にめちゃめちゃ癒やされます。

__________

チャン・ファサ

・死刑囚
・元恋人チュ・ヨンベの策略により殺人犯に仕立て上げられた
・34年もの歳月を刑務所で過ごす

キム・ヘスク

1955年12月30日生まれ/B型。1974年、MBC7期でデビュー。もう数え切れないほどのドラマや映画でお見かけする「国民のお母さん」です。私にとってのお初は、そう「冬のソナタ(2002)」。初めて見た韓国ドラマでチェ・ジウさんのお母さん役だったのがヘスクさんでした。物静かで、いつも穏やかな微笑みを浮かべ、優しく見守ってくれる温かいお母さん。それが私にとってのヘスクさんのイメージでした。その後、いろんなドラマでいろんな顔のヘスクさんを見て、最近ではあの物静かなお母さんのイメージを抱いていたことさえすっかり忘れてました。むしろ、愚痴や小言が多い、すぐに大声でまくし立てる、けんかっ早い……。そんなイメージの方が強いかも(笑)口数が少なくても、うるさくて豪快でも、家族のためなら何でもする、「THE韓国のお母さん」をやらせたら、やっぱりヘスクさんの右に出る人はいないかもしれません。一番好きな作品は「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変!?~(2017)」。「ピノキオ(2014~2015)」では、ラストで見せてくれたすっぴんに女優魂を感じました。

__________

キ・ユジン

・ヘイの恋人
・サンヘ病院の医師
・サンの腹違いの弟として暮らす

キム・ヨングァン

1987年1月11日生まれ/187cm/70kg。2006年、シングルスソウルコレクションLone Costume 06.07 F/Wでデビュー。2008年、ドラマ「彼らが生きる世界」でドラマデビュー。ミラノ、パリのコレクションでも活躍した韓国でトップクラスのモデル出身の俳優さんです。パリ2009S/Sコレクションでは、アジア初のディオール・オムモデルに抜擢されたんですって。私にとってのお初は恐らく「ラブレイン(2012)」。背が高くて、めちゃめちゃ爽やかな笑顔の体育会系風男子は誰だろうかとチェックしたことを思い出します♡ストレートで誠実で温かい心の持ち主。そんな役柄が圧倒的に多いですよね。「ウチに住むオトコ(2016)」のヨングァンさんがセクシーで一番好きです。

__________

オ・ボンサム

・ジョンウン警察署刑事
・チャンソンが起こした交通事故を担当
・弁護するヘイと対立する

オ・デファン

1979年7月5日生まれ/180cm/A型。ネットで調べても、はっきりしたデビューについての記録を見つけられなかったのですが、2004年から短編・長編映画に出演しているようです。私がデファンさんを初めて知ったのは、恐らく「帰ってきて ダーリン!(2016)」。背筋が凍るような恐ろしさを持った男の役で、見るだけでぞっとしたことを思い出します。多分そのあとが「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~(2016)」。マ社長役のデファンさんは成金社長感がぷんぷんするいやらしさ満点の憎たらしい役だったんですが、それがストーリーの中でいろいろ変化しまして、その都度別の顔を見せてくれるデファンさんにだんだん心をつかまれちゃったんですよね。「帰ってきて ダーリン!(2016)」のソクチョルと同じ人だと、当時の私はもしかしたら気付いてなかったかも。これらの役とは天と地ほども違う愛すべきぷー太郎役だった「ショッピング王ルイ(2016)」やチソンさん扮するジョンウを助ける服役囚ムンチ役だった「被告人(2017)」などなど、お見かけする機会も多くなり、そのたびに極悪人的役柄ばかりじゃなくなったことを嬉しく思いながら見ています。大好きな俳優さん。

__________

キ・サン(チュ・ヨンベ)

・SHCグループ会長

イ・ギョンヨン

1960年12月12日生まれ/173cm/B型。1980年、演劇俳優としてデビュー。1987年、「燕山日記」でスクリーンデビュー。イケメン俳優として恋愛ドラマに多数主演していて、女性ファンもとても多かったそうです。2002年に当時未成年だった女性との性行為が発覚し、懲役10か月、執行猶予2年を言い渡され、2009年まで自粛。その後は映画を中心に活動するも、「未生~ミセン~(2014)」まで10年以上もドラマで活躍することができなかったみたい。事件の中身を深く掘り下げることはこれ以上しないけれど、真実がどうであれ、性スキャンダルというのは俳優のイメージを大きく失墜させるものだとしみじみ感じます。ようやくここ数年は映画だけでなくドラマでもたくさんお見かけするようになりました。「ミスティ~愛の真実~(2018)」のギョンヨンさんも素敵だったし、この「ナインルーム」でもすごい存在感でした。酸いも甘いも知り尽くした男だからこそにじみ出る渋さや深み。ギョンヨンさんのいぶし銀のような演技が私はとても好きです。もう十分社会的制裁は受けたと思うから。今後の活躍に期待!
__________

キ・チャンソン

・サンの息子
・交通事故を起こし歩行者を死亡させる
・体が弱く、健康で男らしいユジンに憧れている

チョン・ジェウォン(ONE)

1994年3月29日生まれ/176cm/A型。2015年、キム・サムエルくんと共に「1PUNCH」として歌手デビュー。ちなみに、このサムエルくんというのは、父親がスペイン系アメリカ人、母親が韓国人というハーフでアメリカ育ち。ONEくんに負けず劣らず超イケメンくんです。「1PUNCH」はすぐに解散し、今はソロで歌いつつ、俳優やモデルの仕事もしてるんですって。で。ONEくんは、その後ラッパーサバイバル番組「SHOW ME THE MONEY」のシーズン4と5に出演し話題となったそうです。2017年、「WINNER」のテヒョンくんが脱退したあと、ONEくんをメンバーにするという話もあったそうですが、それは実現せず。同年、ソロデビュー。彼は「花遊記(ファユギ)(2017~2018)」で博物商人の孫だった子ですね。ちょっと生意気そうなかわいいお顔の男の子。今後はもっとあちこちで見る機会が増えそうです。

__________

ウルチ・ソン

・ヘイの父
・ファサの事件の担当検事

カン・シニル

__________

カン・ソンテ

・ソンの友達
・教授

チョン・ソギョン

__________

カン・ミラン

・前科13犯の元詐欺師
・ファサの刑務仲間

キム・ジェファ

__________

ソン・ハンビョル(テンチル)

・ファサの刑務所仲間

ユン・ジウォン

__________

ソ・ヨンチョル

・ユジンの医大の先輩
・刑務所医務課長

ミン・ソンウク

__________

マ・ヒョンチョル

・韓国NO.1法律事務所タムジャン代表

チョン・ウォンジュン

__________

パク・サンス

・韓国NO.1法律事務所タムジャン弁護士
・ヘイの助手

イム・ウォニ

__________

キム・ヘソン

・サンの妻
・ジョンスの妹

パク・ヒョンジョン

__________

パク・チョルスン

・SHCグループの会長室秘書室長
・サンの右腕

チョ・ウォニ

__________

キム・ジョンス

・ファサの事件の担当刑事

ソン・ビョンホ

__________

ポン・サダル

・サンヘ病院の院長
・ファサの事件の解剖医

アン・ソクファン

__________

以上「ナインルーム」のご紹介でした。

画像は公式サイトよりお借りいたしました<(_ _)>感謝!

__________

お帰りの際は応援ポチポチよろしくお願いいたします↓↓↓


韓国ドラマ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

__________

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

hacchi
hacchi
『冬ソナ』以来、韓国ドラマにのめり込んで早10年以上。その間に見てきた膨大な数のドラマの情報を踏まえつつ、私独自の視点に基づいた自由な切り口で、ドラマを紹介していきます。