キミに猛ダッシュ~恋のゆくえは?

2017年 全8話 KBS

原題:ランジェリー少女時代

演出:ホン・ソッグ

脚本:ユン・ギョンア

出演:ボナ(宇宙少女) チェ・ソジン ソ・ヨンジュ イ・ジョンヒョン(元CNBLUE) ヨ・フェヒョン ドヒほか

最高視聴率:5.3%(TNmS)

あらすじをチェック!

夢いっぱいの好奇心旺盛な女子高校生ジョンヒ(ボナ<宇宙少女>)は友達の勧めで合コンに参加するが、タイプじゃないドンムン(ソ・ヨンジュ)とパートナーになって失望する。一方、オンジュ(パン・スジン)は大邱(テグ)で人気の完璧な男子高校生ジン(ヨ・フェヒョン)が教会に来ると聞き…。 

登場人物&キャストをチェック!

イ・ジョンヒ

・高校2年生
・可愛くて勉強もできる男子の人気NO.1になりたい女の子

ボナ(宇宙少女)

1995年8月19日生まれ/163cm/A型。2016年、「宇宙少女」のメンバーとして歌手デビュー。私にとってのお初は「最高の一発(2017)」ですね。デビューを目指す練習生の1人ヘリ役。自分にも他人にも厳しくストイックにレッスンを積み、体型管理にも人一倍努力する「一匹狼」的な女の子がボナちゃんでした。アイドルとしてのボナちゃんを逆に知らないので、美人だけどクールなヘリのイメージがイコールボナちゃんのイメージになっちゃってます。別の情報で上書きしたい(笑)

__________

パク・ヘジュ

・高校2年生
・ソウルからの転校生
・外見、勉強、性格すべてに完璧
・回りの人たちが自分の魅力にはまっていることを自覚している

チェ・ソジン

1994年4月30日生まれ/169cm/A型。2006年、12歳のとき、ドラマ「オーバー・ザ・レインボー」でデビュー。女優のキム・オクビンさんの実妹だそうです。このドラマの撮影を見に行った際、オクビンさん扮するヒスの少女時代として出ることになったんですって。2016年に、EXOのD.O.と主演を務めたウェブドラマ「ボクらのラブ・アカデミー(2016)」は大ヒットし、当時の韓国ウェブドラマの記録を塗り替えたそうです。映画でも活躍しているみたいだし、今後はますますお見かけする機会が増えそうね。

__________

ペ・ドンムン

・高校2年生
・ジョンヒに一目惚れ
・一途に想い続けている

ソ・ヨンジュ

1998年2月16日生まれ/181cm。映画「霜花店(2008)」で子役デビュー。「ヒーロー(2009~2010)」「私の心が聞こえる?(2011)」「ファッション王(2012)」「メイクイーン(2012)」などなどヨンジュくんが主人公の子役時代を演じたドラマはたくさん見ています。ちょっと暗めの役が多い印象。「I Love イ・テリ(2012)」では誰かの子役時代ではなく、元気な中学生の役でしたが。そろそろ子役から大人の俳優への分岐点かな。うまくシフトチェンジしていけるといいね。

__________

チュ・ヨンチュン

・20歳
・スタイルを重視する不良
・薬局で下働きをしている

イ・ジョンヒョン(元CNBLUE)

1990年5月15日生まれ/182cm/O型。2010年、「CNBLUE」のメンバーとして歌手デビュー。2012年、「紳士の品格」で俳優デビュー。ただ、先日2019年8月28日に、その「CNBLUE」からの脱退が発表されました。事の発端は2019年3月、歌手のチョン・ジュニョンが複数の女性との性行為を盗撮し、カカオトークというグループチャットに載せ、逮捕されるという事件があったんですね。それを複数の芸能人も共有したことが明るみになり、芸能界を揺るがす大騒動に発展。後々、ジョンヒョンくんもこのグループチャットのメンバーだということが分かり、盗撮動画を共有しただけでなく、女性を侮辱するような発言までしたということで、相当なバッシングが起きました。ファンも激怒し、グループ脱退要求の声明を発表するという非常事態。脱退しないのであれば、CNBLUEのすべての活動に対する応援をボイコットするとまで宣言されちゃいました。とはいえ、CNBLUEのメンバーは4人とも兵役に服務中なので、なんとなく静観状態だったんですが、なんと先日、ジョンヒョンくんがAfreecaTVの女性BJ(動画配信者)に「お腹の肉かわいいです」とメッセージを送ったことが暴露されまして。これが決定打になり、ついに脱退となったわけです。こう何度も同じようなセクハラまがいの行動を起こすとなると、彼の人としてのモラルにどうしたって首をかしげちゃうよね。何より彼1人のためにCNBLUEが連帯責任みたいに扱われることが辛い……。ほかの3人にはこれからも頑張って欲しいと願うばかりです。ファイティン!

__________

ソン・ジン

・高校3年生
・大邱(テグ)で人気の完璧男子

ヨ・フェヒョン

1994年5月9日生まれ/178cm。2014年、短編映画「それでも生きていく」でデビュー。デビュー後、ドラマには多々出ていたようですが、初めて役名のついた役を得たのは、「イヴの愛(2015)」だそうです。1000倍の倍率で勝ち取った役なんですって。私的には「あなたが眠っている間に(2017)」のユボムのイメージが強いです。イ・サンヨプさんの若いころの役。ほんと嫌なヤツだったので、フェヒョンくんのイメージも正直良くないです(笑)「帰ってきて ダーリン!(2016)」でも悪い役だったよね、確か。ま、演技力も高いし、ビジュアルもいいので、今後ますますお見かけする頻度が高まりそうです。

__________

シム・エスク

・ジョンヒが通う学校の不良チームのリーダー
・ジョンヒたちの宿敵
・ヨンチュンに好意を寄せている

ドヒ

1994年9月25日生まれ/151.8cm/A型。2012年、「Tiney-G」のメンバーとして歌手デビュー。2013年、「応答せよ1994(2013)」で女優デビュー。2015年、「Tiney-G」は活動休止を発表。ドヒちゃんは女優として活躍しています。私にとってのお初も「応答せよ1994」。ちっちゃくて、声も独特のドヒちゃんは、見た目によらず毒舌で。そのギャップが面白かったっけ。人見知りで口数も少なかったのに、実はソ・テジの熱狂的なファンだったりして、とにかくドヒちゃん演じるユンジンのキャラがドヒちゃんのイメージそのまんまって感じでした。ちっちゃくてかわいいのに男勝りで怖い、みたいな役が多いような。「私のIDはカンナム美人(2018)」のドヒちゃんもすごく好きでした。

__________

イ・グィナム

・ジョンヒの父
・メリヤス工場社長

クォン・ヘヒョ

__________

パク・ピルレ

・ジョンヒの母

キム・ソニョン

 

__________

ホン・ドファ

・ジョンヒの家の家政婦

パク・ハナ

 

__________

イ・ボンス

・ジョンヒの双子の兄
・ヘジュが好き

チョ・ビョンギュ

__________

オ・マンサン

・ジョンヒのクラスの担任
・数学教師

イン・ギョジン

__________

・ジョンヒの高校の先生

キム・ジェファ

 

__________

チョン・ヒョニ

・ジョンヒの友達

ペク・ウンギョン

 

__________

キム・オンジュ

・ジョンヒの友達

スジン(WASSUP)

 

__________

ソ・ウンジャ

・ジョンヒの友達

ソ・イェスル

 

__________

キム・ギリョ

・ジョンヒのクラスメイト

キム・スヒョン

 

__________

パク・クィジャ

・ジョンヒのクラスメイト

イ・ボム

 

__________

パク・ジンス

・ヘジュの父
・大学教授

チョ・ドクヒョン

__________

・グィナムの工場の職員

ハン・グリム

 

__________

チュ・エンチョ

・ヨンチュンの妹

チョ・アイン

__________

以上「キミに猛ダッシュ~恋のゆくえは?」のご紹介でした。

画像は公式サイトよりお借りいたしました<(_ _)>感謝!

__________

お帰りの際は応援ポチポチよろしくお願いいたします↓↓↓


韓国ドラマ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

__________

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

hacchi
hacchi
『冬ソナ』以来、韓国ドラマにのめり込んで早10年以上。その間に見てきた膨大な数のドラマの情報を踏まえつつ、私独自の視点に基づいた自由な切り口で、ドラマを紹介していきます。