カンテク~運命の愛~

TV朝鮮 全16話 2019~2020年

演出:キム・ジョンミン

脚本:チェ・スミ

出演:チン・セヨン キム・ミンギュ ト・サンウ イ・ヨルム イ・シオンほか

最高視聴率:6.348%(AGB)

あらすじをチェック!

王(キム・ミンギュ)が新しい王妃を迎えて戻って来る道中、銃を持った怪しい者たちの襲撃を受け、王と王妃が殺されてしまう。聖水青巫女でもあり、都城最高の情報屋のウンボ(チン・セヨン)は犯人の手がかりを掴むため、王と王妃の遺体が安置されている場所に潜入するが、そこで死んだはずの王が突然蘇生するのを目撃してしまう…。

登場人物&キャストをチェック!

カン・ウンボ

・聖水青巫女
・都城最高の情報屋
・双子の姉を殺した犯人を見つけるため王妃になろうとする

チン・セヨン

1994年2月15日生まれ/167cm/B型。2009年、SKテレコムのCMでデビュー。「大丈夫、パパの娘だから(2010~2011)」でデビュー。その後「私の娘コンニム(2011~2012)」で主演となり、以来ずっと主役、ヒロイン役で来てますよね。きれいで真面目で一生懸命。何だろう、優等生のクラス委員長みたいなイメージの人。NHK BSプレミアムでは「オクニョ 運命の女(ひと)(2016)」「不滅の恋人(2018)」とセヨンちゃん主演の史劇が2本も放送されているので、日本でもファンは多そうです。私は「蒼のピアニスト(2012)」が今でも一番好き。
__________

イ・ギョン

・王

キム・ミンギュ

1994年12月25日生まれ/183cm。2013年、ドラマ「モンスター」でデビュー。ドラマ、映画、CMと大活躍のミンギュくんです。私にとってのお初は「シグナル(2016)」かなと思いつつ、よく覚えているのは「この恋は初めてだから(2017)」のボンナム。何てったって笑顔がかわいくて、ストレートに気持ちをぶつけてくる青臭さも含めて、THE好青年!って感じでした♡今後の活躍に注目!……にしても、キム・ミンギュさんという名前のイケメンが多すぎやしませんか?(笑)

__________

イ・ジェファ

・いきなり王位継承権一位の大君になる

ト・サンウ

1987年12月25日生まれ/187cm/B型。2008年、モデルとしてデビュー。雑誌やショーで幅広く活躍した後、2011年、「美男<イケメン>ラーメン店」で俳優デビュー。「大丈夫、愛だ(2014)」で注目される。「伝説の魔女~愛を届けるベーカリー(2014~2015)」「いとしのクム・サウォル(2015~2016)」「空から降る一億の星(2018)」などなど彼の出ているドラマは面白いものが多いです。ちなみに、「伝説の魔女」で共演したキム・ユンソさんと公認カップルでしたが、2019年にお別れしたんですって。芸能人同士のカップルは難しいね。

__________

チョ・ヨンジ

・左議政の娘

イ・ヨルム

1996年2月16日生まれ/165cm/O型。2013年、ドラマ「もうこれ以上我慢できない」でデビュー。私にとってのお初は「ナイショの恋していいですか!?(2014)」だったかと。イ・ハナさん扮するスヨンの妹役で、ソ・イングクくん扮するミンソクのことが大好きな高校生でした。とってもチャーミングで自由なのびやかさのある女の子だなという印象。去年見た「ラブ・トライアングル~また君に恋をする~(2018)」もめちゃめちゃ良かったです。ちなみに、お母様も女優さんだそうで、ユン・ヨンジュさんという方なんですって。残念ながら、知らないや。

__________

ワル

・ウンボの共同経営者

イ・シオン

1982年7月3日生まれ/176cm。2009年ドラマ「チング~愛と友情の絆」でデビュー。コミカルな役柄の多い俳優さんです。私にとってシオンさんは「純情に惚れる(2015)」のウシク(笑)チョン・ギョンホさん扮する超自分勝手で我が道をぐいぐい進むミノの秘書役でした。わがままな上司に振り回される役がすごく似合うんだよな。初めて見たのも確かそんな役。そう、「パラダイス牧場(2011)」でした。あのときはチャンミン扮するドンジュの秘書だったっけ。上司に無理難題を押しつけられて困ってるシオンさんには毎度くすくす笑わせてもらってます。ほっこりキャラ。

__________

以上「カンテク~運命の愛~」のご紹介でした。

画像は公式サイトよりお借りいたしました。
感謝!

__________

お帰りの際は応援ポチポチよろしくお願いいたします↓↓↓


韓国ドラマ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

hacchi
hacchi
『冬ソナ』以来、韓国ドラマにのめり込んで早10年以上。その間に見てきた膨大な数のドラマの情報を踏まえつつ、私独自の視点に基づいた自由な切り口で、ドラマを紹介していきます。