タッチ〜恋のメイクアップレッスン!〜

チャンネルA 全16話 2020年

演出:ミン・ヨンホン

脚本:アン・ホギョン

出演:チュ・サンウク キム・ボラ イ・テファン(5urprise) ハン・ダガムほか

最高視聴率:1.154%(AGB)

あらすじをチェック!

ジョンヒョク(チュ・サンウク)はチャビューティーの代表を務め、あらゆる女優たちがメイクをしてほしいと依頼してくる今をトキメク売れっ子メイクアップアーティスト。ある日オーディション番組に出演する練習生のスヨン(キム・ボラ)のメイクを担当することに。地味なスヨンに完璧なメイクを施し変身させるジョンヒョクだったが、スヨンはある想いから本番直前に勝手にメイクを落としてしまう。本番で異なる姿で現れたスヨンを見て激怒するジョンヒョク。2人は大喧嘩になるが、その後スヨンは無事にオーディションに合格、晴れてデビューが決まる。番組でMCを務め、スヨンの長年の親友でもある韓流スターのドジン(イ・テファン/5urprise)もデビューを喜ぶが、そんな中ドジンのある記事と引き換えにスヨンのスキャンダルが世に出てしまう。スキャンダルが原因でデビューが白紙になったスヨンは事務所をクビになり、行方をくらます。それから一年、チャビューティーのライバル会社、シークレットは腕の良いメイクアップアーティストを次々と囲い込む。ジョンヒョクたちも新しいメイクアップアーティストを募集することに。そこにメイクアップアーティストとして再起をかけたスヨンが応募してくる。ジョンヒョクは採用に反対するが、スヨンの実力を認めた周りのスタッフによりスヨンはチャビューティーの一員として迎えられる。チュビューティーがヘアメイクを担当していたドジンとも再会し、スヨンはドジンのメイクを担当することに。だが大切な広告撮影当日、スヨンのメイクが原因でドジンの肌に湿疹ができてしまう事件が発生する!

登場人物&キャストをチェック!

チャ・ジョンヒョク

・チャビューティ代表
・メイクアップアーティスト

チュ・サンウク

1978年7月18日生まれ/180cm/A型。1997年、ガールフレンドのモデル活動を見に行きスカウトされ、広告モデルとしてデビュー。1999年、ドラマ「君の夢を広げろ」の主演にて本格的に俳優デビュー。私にとってのお初は「アクシデントカップル(2009)」。卑劣な男の役だったので、第一印象は「嫌なヤツ」(笑)で、その次に見たのが「ジャイアント(2010)」。このドラマでも冷徹&卑劣な男の役だったけれど、その冷たさの奥にある孤独感やむなしさに母性本能をくすぐられちゃったんですよね。サンウクさんって眼差しが抜群に良くないですか?あんな目をされたら、私、秒殺されると思う(笑)「パラダイス牧場(2011)」「ずる賢いバツイチの恋(2014)」「グッド・ドクター(2013)」「いばらの鳥(2011)」「神々の晩餐(2012)」……。ほかにももっとサンウクさんのドラマは見てきたけれど、やっぱり「ずる賢いバツイチの恋(2014)」が一番好き。そうそう。「華麗なる誘惑(2015~2016)」で共演したチャ・イェリョンさんと2017年5月にご結婚されました。2018年7月には第一子となる女児が誕生したとのこと。今年3月にはイェリョンさんと同じ事務所に移籍したそうです。夫婦ラブラブはいいことだ♡
__________

ハン・スヨン

・チャビューティ末っ子アシスタント
・10年目のアイドル練習生

キム・ボラ

1995年9月28日生まれ/161cm/A型。2004年、ドラマ「ウェディング」で子役としてデビュー。たくさんのドラマで主人公の少女時代を演じてきた子役ちゃんです。大ヒットドラマ「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~(2018~2019)」への出演で注目を集める。このドラマで共演したチョ・ビョンギュくんと交際中だそうです。微笑ましい(笑)

__________

カン・ドジン

・スーパースター

イ・テファン(5urprise)

1995年2月21日生まれ/188cm/AB型。2013年、ドラマ「放課後サプライズ」でデビュー。私にとってのお初は「傲慢と偏見(2014~2015)」かな。ワイルドで男らしい体つきと真逆な、シャイで控えめな役どころでしたが、そのギャップがすんごい魅力的でした。多分そのすぐあとで「ナイショの恋していいですか!?(2014)」を見たんだったかと。初めて見たときのイメージと全然違うお気楽な高校生役だったので、ちょっと驚いたっけ。でも、生真面目な感じもちゃらんぽらんな感じもどっちもGOOD(笑)「帰ってきて ダーリン!(2016)」や「キム秘書はいったい、なぜ?(2018)」も良かったけれど、何と言っても「黄金色の私の人生(2017~2018)」のテファンくんが最高です。

__________

ペク・ジユン

・トップ女優
・無名時代、ジョンヒョクと恋に落ちた

ハン・ダガム

1980年9月12日生まれ/170cm。高校時代からファッションモデルとして活動し、1999年、ドラマ「愛のために」で女優デビュー。てか、ハン・ダガムさんって初めて聞く名前だわと思ったのですが、彼女ハン・ウンジョンさんなんですね。2018年に改名したんですって。私にとってのお初は「フルハウス(2004)」。美人さんなのに、どこか寂しそうな目をした人だなという印象だったことをよく覚えています。彼女のドラマはそんなにたくさんは見てないと思うけど、毎回ちょっと不幸な役のような。2020年1月に、1歳年上の事業家の男性とご結婚されたそうです。Congregation!

__________

オ・シウン

・美容界NO.1「オーシークレット」代表
・美大生だったジョンヒョクを発掘し、育てた

ピョン・ジョンス

1974年4月15日生まれ/174cm/A型。1993年、モデルとしてデビュー。2000年には韓国人モデルとして初めてアメリカに進出。帰国後、女優としてデビュー。私にとってのお初は「星を射る(2002~2003)」。チョン・ドヨンさん扮するソラのお友達の美容師さん役でした。身長が大きいからもうそれだけですごい存在感だったな。そのあとも「パスタ(2010)」「Manny(マニー)(2011)」「愛情万々歳(2011~2012)」「伝説の魔女~愛を届けるベーカリー(2014~2015)」などなどジョンスさんのドラマはたくさん見ました。ゴージャスなわがまま娘みたいな役が多いよね(笑)実は1994年に結婚。え、20歳のときってこと?若いときの結婚、出産だったにも関わらず、仕事もプライベートも順調に継続できてるってすごいなと思います。

__________

以上「タッチ〜恋のメイクアップレッスン!〜」のご紹介でした。

画像は公式サイトよりお借りいたしました。
感謝!

__________

お帰りの際は応援ポチポチよろしくお願いいたします↓↓↓


韓国ドラマ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

__________

スポンサーリンク

 

投稿者プロフィール

hacchi
hacchi
『冬ソナ』以来、韓国ドラマにのめり込んで早10年以上。その間に見てきた膨大な数のドラマの情報を踏まえつつ、私独自の視点に基づいた自由な切り口で、ドラマを紹介していきます。