夫婦の世界

JTBC 全20話 2020年

演出:モ・ワニル

脚本:チュ・ヒョン

出演:キム・ヒエ パク・ヘジュン ハン・ソヒ パク・ソニョンほか

最高視聴率:28.371%(AGB)

あらすじをチェック!

イギリスの大ヒットドラマ「女医フォスター 夫の情事、私の決断」をリメイク!ケーブルドラマ史上歴代最高視聴率を記録したNO.1ヒット作!
__________
郊外で家庭医学専門医として働くソヌ(キム・ヒエ)は順調なキャリアに、愛する夫のテオ(パク・ヘジュン)と可愛い息子に囲まれ、完璧な生活を送っていた。ある日、マフラーに自分の物ではない髪の毛が一本ついているのを見つける。その日から夫に浮気相手がいるのではと疑心暗鬼になり始める。ソヌの疑い通り、テオは若いピラティスインストラクターのダギョン(ハン・ソヒ)と浮気を重ねていた。そしてテオの浮気は近所や同僚など、ソヌ以外の周囲の人間は周知の事実だった。動揺するソヌの前にダギョンが体調不良を訴え来院する。検査の結果、ダギョンは妊娠していた。夫の裏切りを知ったソヌの行動はやがてエスカレートし、壮絶な復讐計画が始まる!

__________

始まりは1本の髪の毛だった……。
夫婦という他人の壮絶な愛憎を描く激情のラブロマンス。
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」を超え、ケーブルドラマ史上歴代最高視聴率を記録し歴史を塗り替えた大ヒット作!
次第に暴走していく女医に扮したキム・ヒエの圧倒的な演技力は必見!

引用:KNTV

登場人物&キャストをチェック!

チ・ソヌ

・家庭医学専門医
・コサン市家庭サラン病院 副院長

キム・ヒエ

1967年4月23日生まれ/164cm/B型。高校在学中にハイティーンファッションモデルとして活動開始。1983年、映画「二十歳の初日」でデビュー。1986年、ドラマ「女心」の主人公に抜擢され、チョン・インファさんとともに新世代スターとなったそうです。1990年代はチェ・ジンシルさん、チェ・シラさんとともにTVトロイカ女優と呼ばれたんですって。容姿、実力ともに認められる時代のトレンドだったということですね。ご主人はイ・チャンジン氏。「韓国のビル・ゲイツ」と呼ばれる人だそうで、ソウル大在学中の1989年に韓国語ワープロソフト「HWP(アレアハングル)」を開発した人なんですって。結婚後は芸能活動をしばらく中断し、出産と育児に専念されたそうです。「私の男の女(2007)」「マイダス(2011)」「妻の資格(2012)」などは復帰後の作品。ヒエさんといえば、私の中ではお肌がつるぴかで上品な美人という漠然とした認識しかなかったのですが、年齢を知ってただただビックリ!この年齢でこの美しさをキープしているなんてとても信じられないけれど、逆に希望の星でもあります(笑)韓国では、化粧品「SKⅡ」のCMモデルを10年以上やられていたそうです。納得。ヒエさんのドラマはやっぱり「密会(2014)」が一番好き♡

__________

イ・テオ

・ソヌの夫
・制作会社代表
・映画監督
・ダギョンと不倫

パク・ヘジュン

1976年6月14日生まれ/184cm/A型。2007年、演劇「その時、星が降る」でデビュー。俳優としては遅めのデビューだったみたい。2012年までは演劇中心に活動、その後映画やドラマに活動の幅を広げたようです。「ドクター異邦人(2014)」でイ・ジョンソクくん扮するフンを執拗に追いかけ回す北朝鮮の工作員役だった人ですね。イケメンだけど、冷徹で無慈悲な印象。彼のにやりと笑う顔は背筋がぞぞぞ~っとしちゃう怖さがあります。お茶の間にお顔が知れたのは「未生~ミセン~(2014)」のチョン課長役。ただ、今回のこの作品で一気に知名度が増したそうです。今後の活躍に期待!

__________

ヨ・ダギョン

・ピラティスのインストラクター
・テオの不倫相手

ハン・ソヒ

1994年11月18日生まれ/165cm/AB型。2016年、SHINee「Tell Me What To Do」MVでデビューし、モデルとして活動した後、2017年、ドラマ「ひと夏の奇跡~waiting for you」で女優デビュー。「カネの花~愛を閉ざした男~(2017~2018)」「100日の郎君様(2018)」と来て、今回の作品が大ヒットしたことで、さらに注目されているみたいです。美しいだけじゃなく、演技力の高さも評価されているソヒさん。あっという間に主演が当たり前の女優になりそうな予感です。

__________

コ・イェリム

・専業主婦
・ジェヒョクの妻
・ソヌを「オンニ」と慕う

パク・ソニョン

1976年8月21日生まれ/165cm/A型。1995年、演劇「ファウスト」でデビュー。1996年、KBSスーパータレント大会で大賞を受賞。私が初めて見た彼女のドラマは「真実(2000)」。チェ・ジウさんの敵役で本当に嫌なヤツでしたね。最初のイメージというのはなかなか抜けないもので、その後かなり長いこと彼女に対してヒールイメージを持ってました。彼女のチャーミングな魅力に気づいたのは「18・29(2005)」。あのドラマのソニョンさんは本当にかわいかったです。「キムチ~不朽の名作~(2012)」も好きでした。ちなみに、旦那様はキム・イルボムさんという外交官だそうです。外交官試験を首席合格したエリート官僚出身で、大統領の通訳もされた人なんですって。

__________

ソン・ジェヒョク

・イェリムの夫
・会計士
・テオの同級生
・浮気性

キム・ヨンミン

__________

ソル・ミョンスク

・コサン市家庭サラン病院 産婦人科医
・ソヌの同僚であり親友

チェ・グッキ

__________

ヨ・ピョンギュ

・ダギョンの父
・地元有力者に太い人脈を持つ事業家

イ・ギョンヨン

__________

オム・ヒョジョン

・ダギョンの母
・ピョンギュの妻
・ミスコン出身

キム・ソンギョン

__________

イ・ジュニョン

・ソヌとテオの息子

チョン・ジンソ

 

__________

ミン・ヒョンソ

・バーテンダー
・ソヌの患者
・精神安定剤の処方と引き換えに、テオの尾行を引き受ける

シム・ウヌ

__________

パク・インギュ

・ヒョンソの恋人
・公務員を目指していたが、賭博に溺れるように
・ヨンソに暴力を振るう

イ・ハクジュ

__________

マ・ガンソク

・コサン市家庭サラン病院 家庭医学専門医

パク・チュンソン

__________

コン・ジチョル

・コサン市家庭サラン病院 院長

チョン・ジェソン

 

__________

キム・ユンギ

・コサン市家庭サラン病院 神経精神科医

イ・ムセン

__________

ハ・ドンシク

・ソヌの患者

キム・ジョンテ

 

__________

以上「夫婦の世界」のご紹介でした。

画像は公式サイトよりお借りいたしました。
感謝!

__________

お帰りの際は応援ポチポチよろしくお願いいたします↓↓↓


韓国ドラマ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

__________

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

hacchi
hacchi
『冬ソナ』以来、韓国ドラマにのめり込んで早10年以上。その間に見てきた膨大な数のドラマの情報を踏まえつつ、私独自の視点に基づいた自由な切り口で、ドラマを紹介していきます。