優雅な母娘

KBS 2019~2020年 全103話 

演出:オ・スソン

脚本:オ・サンヒ

出演:チェ・ミョンギル チャ・イェリョン キム・フンス オ・チェイほか

最高視聴率:22.8%(TNmS)

あらすじをチェック!

30年前。ミョンホの妻ミエ(チェ・ミョンギル)とジェイグループの夫人ユンギョン(チョ・ギョンスク)の子供は未熟児で生まれインキュベーターに入ったが、担当医師のウナ(チ・スウォン)の安易な処置によってユンギョンの子供が死亡してしまいウナはミエの子供とユンギョンの子供を入れ替えてしまう。

引用:KBS WORLD

登場人物&キャストをチェック!

キャリー・チョン(チョン・ミエ)

・投資家
・敵の娘を誘拐し、復讐のために利用しようとしている

チェ・ミョンギル

1962年10月15日(陰暦)・11月11日(陽暦)生まれ/162cm/AB型。1981年、MBC公開採用タレント13期に合格。同年、ドラマ「怒りの瞳」でデビュー。お美しい女優さんですよね。あまりにもいろんなドラマでお見かけしているので、どのドラマがお初だったかはもはや思い出せないです。あ、でも「ミス・リプリー(2011)」だったかも。「栄光のジェイン(2011)」「金よ出てこいコンコン(2013)」「未来の選択(2013)」などなど、ミョンギルさんが出ているドラマは、個人的に大好きなものが多いです。
__________

ジェニス(ハン・ユジン)

・キャリー・チョンに誘拐された娘

チャ・イェリョン

1985年7月16日生まれ/172cm/AB型。モデルとして活動した後、2003年、チョ・ジャンヒョクの「まだ愛する時」MVでデビュー。私にとってのお初は「BAD LOVE~愛に溺れて~(2007~2008)」。クォン・サンウさん扮するヨンギの亡き恋人役だった彼女ですが、ものすごい目力が印象的でした。「華麗なる誘惑(2015~2016)」もまあ面白かったです。あのドラマで共演したチュ・サンウクさんとは2017年に結婚。2018年7月に第一子となる女の子が誕生しました。絵に描いたような美男美女よね。末永くお幸せに!

__________

ク・ヘジュン

・ジェイグループ 後継者
・総括本部長
・ク・ジェミョン会長とチョ・ユンギョンの息子
・事実上キャリー・チョンの血族

キム・フンス

1983年5月19日生まれ/190cm/A型。1998年、中3のときモデルとして芸能界デビュー。1999年、ドラマ「学校2」で俳優としてデビュー。たくさんのドラマや映画に出ている俳優さんなのに、個人的には全く見覚えがないです。背も高くて素敵なのにね。あしからず。
__________

ホン・セラ

・ソ・ウナとホン・インチョルの娘
・ヘジュンの婚約者
・ジェイグループ 開発チーム長

オ・チェイ

1994年6月18日生まれ/165cm。2015年、ガールズグループ「プレイバック」のメンバーとして歌手デビュー。2019年、メンバーが所属事務所を移るなどし、事実上解散。2019年、この「優雅な母娘」で女優としてデビュー。デビュー作でいきなり大きい役をもらったんですね。評判も良かったみたいだし、今後が楽しみ。

__________

ク・ジェミョン

・ヘジュンの父
・ジェイグループ 会長

キム・ミョンス

__________

チョ・ユンギョン

・ジェミョンの妻
・ヘジュンの継母
・ウナの友達
・ジェイグループ 創立者スンジャの一人娘

チョ・ギョンスク

__________

チョ・スンジャ

・ユンギョンの母
・ジェイグループ 創立者

パク・ヒョジョン

__________

ソ・ウナ

・セラの母
・ユジンの実の母
・江南の有名皮膚科 院長
・30年前、キャリー・チョンの息子とジェイグループの息子を入れ替えた人物

チ・スウォン

__________

ホン・インチョル

・セラの父
・ユジンの実の父
・国会議員

イ・フン

__________

デニー・チョン

・キャリー・チョンの養子
・弁護士

イ・ヘウ

__________

オ秘書

・キャリー・チョンの秘書

イ・ジュウン

__________

ハン・ミョンホ

・キャリー・チョンの亡き父
・化粧品会社 代表

イ・ジョンフン

__________

以上「優雅な母娘」のご紹介でした。

画像は公式サイトよりお借りいたしました。
感謝!
__________
お帰りの際は応援ポチポチよろしくお願いいたします↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村


韓国ドラマランキング

__________

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

hacchi
hacchi
『冬ソナ』以来、韓国ドラマにのめり込んで早10年以上。その間に見てきた膨大な数のドラマの情報を踏まえつつ、私独自の視点に基づいた自由な切り口で、ドラマを紹介していきます。