番組概要と視聴率をチェック!

tvN 2020年 全16話

演出:ソン・ジョンヒョン

脚本:チョン・ヒヨン

出演:ユ・ジテ イ・ボヨン パク・ジニョン(ジニョン/GOT7) チョン・ソニほか

最高視聴率:5.431%(AGB)

あらすじをチェック!

かつては信念を持って学生運動を率いていたハン・ジェヒョン(ユ・ジテ)は、その後ヒョンソングループ財閥の娘婿となり、富と名誉のために働く冷徹な事業家になっていた。一方、学生時代はピアノを専攻し、裕福な家庭で育ったユン・ジス(イ・ボヨン)。現在はヒョンソングループの非正規雇用として働いていたが不当解雇され、アルバイトをして忙しい毎日を送りながら息子を養っていた。そんなある日、子どもたちのいじめの件で呼び出されたジェヒョンとジスは、加害者と被害者の親として20数年ぶりに運命の再会を果たす。ジスは頭を下げ顔が見えていない状態だったが、ジェヒョンは声ですぐにジスだと気づく。そしてジェヒョンは、ジスのあとを追って話しかけるが、思いもよらないジェヒョンとの突然の再会に戸惑ったジスは、ジェヒョンとの過去を忘れたフリをし…。
__________

ユ・ジテ×イ・ボヨンのW主演!大学時代の2人をGOT7のジニョン×チョン・ソニが演じる!
チェ・ジウ主演の「スターの恋人」では相手役を、チ・チャンウク主演の「ヒーラー」では人気記者を演じたユ・ジテが、大学時代の頃の自分を捨て冷徹な実業家となったジェヒョン役を熱演!
韓国リメイク版「マザー~無償の愛~」で捨てられた子どもを実の娘のように育てる女性という難しい役を務め、「君の声が聞こえる」ではイ・ジョンソクと共に主演を演じた、イ・ボヨンが幼い頃の裕福な生活とは打って変わって女手一つで息子を育てるジス役を演じる!
さらに大人気アイドルグループGOT7のメンバー、ジニョンと若手注目女優チョン・ソニが若き日の2人を好演!
思い出とともに現在と過去がシンクロしながら描かれる数々のシーンが切なくも心温かい気持ちにさせてくれる。
また、わがままだがジェヒョンに優しく素直な面も持ち合わせているジェヒョンの妻チャン・ソギョン役をパク・シヨンが、学生の頃からジスだけを想い見守ってきたチュ・ヨンウ役をイ・テソンが演じ、中堅勢がこのドラマに花を添える!

初恋相手と運命的な再会を果たした男女が、再び惹かれ合い紡いでいく大人のラブストーリー!
大学時代、学生運動家として活動する青年ジェヒョンに想いを寄せたジスの猛アピールの末、交際をスタートさせた2人。
しかし、ある日ジスはジェヒョンに理由も告げずに姿を消してしまう。
それぞれ違う道を歩んできた2人は、20数年の時を経て運命的な再会を果たす。
美しい初恋は思い出となり、すべてが変わった今再会を果たしたジェヒョンとジスだが、お互いの大切さに気づき、最も輝いていた頃の自分と向き合っていく。
そんな彼らの心情を繊細に描いたラブストーリーに共感すること間違いなし!
果たして2人はいくつもの試練を乗り越えて“花様年華(人生の中で最も美しく輝く時)”を探すことができるのか…?

引用:BSフジ

登場人物&キャストをチェック!

ハン・ジェヒョン

・ヒョンソングループ会長の婿
・濡れ衣を着せられて4年間服役していた

ユ・ジテ

1976年4月13日生まれ/188cm/AB型。モデルとして活躍後、1998年、映画「バイ・ジュン さらば愛しき人」で俳優デビュー。映画「アタック・ザ・ガス・ステーション(1999)」で注目され、映画「リメンバー・ミー(同感)(2000)」でブレイクしたそうです。2003年には短編映画の監督としてもデビュー。私にとってのお初はドラマ「ヒーラー(2014~2015)」。「スターの恋人(2008~2009)」でチェ・ジウさんの相手役だった人だということは知ってたんですが、お顔が全く好みじゃないせいで、最初はジテさん扮するムンホにも魅力を感じられずにいたんですよね。でも、不思議なもので、だんだん彼が素敵に見えてきて(笑)背が高くて、物腰が柔らかくてスマート。大人の余裕のようなものが感じられる人だなと思います。「グッドワイフ~彼女の決断~(2016)」も良かった♡

ヒーラー~最高の恋人~|チ・チャンウク パク・ミニョン ユ・ジテ

__________

ユン・ジス

・女手一つで息子を育てる母親
・不当解雇を受けアルバイトで生計を立てている

イ・ボヨン

1979年1月12日生まれ/168cm/B型。1997年、スーパーエリートモデル3位入賞。2000年、ミスコリア大田代表、忠南 真(1位)。2002年、太平洋「雪緑茶」のCMでデビュー。私にとってのお初は、確か「セレブの誕生(2010)」。知的なクールビューティーというのが第一印象でした。ホントは優しくてチャーミングな人なのに、隙を見せず勝ち気に生きている、みたいな役柄が多いですよね。「いとしのソヨン(2012~2013)」だったり「君の声が聞こえる(2013)」だったり。「愛情万々歳(2011~2012)」ではそんなイメージとはちょっぴり違う路線のボヨンさんが見られて面白かったです(笑)「赤道の男(2012)」も「耳打ち~愛の言葉~(2017)」も大好きな作品。ちなみに、ご主人は私の大好きなチソンさん。2人は2013年に6年越しの愛を実らせてゴールインしました。現在2人のお子さんのママだそうです。結婚しても夫婦共々人気が衰えることなく、常にラブコールを浴び続けているってすごいことだよね。

__________

1993年のジェヒョン

・法学科の大学生
・学生運動団体の中核メンバー

パク・ジニョン(ジニョン/GOT7)

1994年9月22日生まれ/178cm/O型。2009年、オーディションを経てJYPエンターテインメントに入所し、練習生となる。2012年、「ドリームハイ2」で俳優デビュー。2014年、「GOT7」のメンバーとして歌手デビュー。私にとってのお初は「青い海の伝説(2016~2017)」。イ・ミンホくん扮するジュンジェの少年時代役でした。その後は「マジック学校(2017)」「彼はサイコメトラー-He is Psychometric-(2019)」「花様年華」と立て続けに主演を務め、今年下半期から放送予定のtvNの新ドラマ「悪魔判事」でもチソンさんやキム・ミンジョンさんと共に主演することが決まっているそうです。すごい勢いづいてるね!

__________

1993年のジス

・ピアノ科の大学生

チョン・ソニ

1991年3月20日生まれ/163cm/O型。2014年、短編映画「写真」でデビュー。たくさんの短編映画とウェブドラマを経て、2018年、ドラマ「ボーイフレンド」にパク・ボゴムくん扮するジニョクの友達役で出演し、認知度を上げる。そしてこの「花様年華」でついに主演クラスに。映画で培ってきた実力が、ドラマでも花開いたという感じでしょうか。2019年の映画「悪質警察」では高校生の役だったそうです。ちなみに、今回は大学生の役。10歳も若い役をやれるなんてすごいよね(笑)

__________

チャン・ソギョン

・ジェヒョンの妻

パク・シヨン

__________

チャン・サン

・ソギョンの父
・ヒョンソングループ 会長

ムン・ソングン

__________

ハン・ジュンソ

・ジェヒョンとソギョンの息子

パク・ミンス

__________

ハン・イノ

・ジェヒョンの父

ナム・ミョンリョル

__________

イ・ギョンジャ

・ジェヒョンの母

ソン・スク

__________

ユン・ヒョング

・ジスの父
・元ソウル中央地検検事長
・認知症

チャン・グァン

__________

イ・ヨンミン

・ジスとセフンの息子

コ・ウリム

__________

チョン・スッキ

・ジスの母

イ・ジョンナム

__________

ユン・ジヨン

・ジスの妹
・ソウル大法学部出身

チェ・ウォンビン

__________

イ・ドンジン

・ジェヒョンの大学同期
・離婚専門の弁護士

ミン・ソンウク

__________

1993年のドンジン

・ジェヒョンの親友

ウン・ヘソン

__________

ソン・ファジン

・ジェヒョンの大学同期

キム・ジュリョン

__________

1993年のファジン

・ジェヒョンと共に学生運動に参加

ハン・ジウォン

__________

カン・ジュヌ

・ジェヒョンの秘書兼運転手

カン・ヨンソク

__________

チョン・ユンギ

・ヒョンソン本社戦略企画室部長

キム・ホチャン

__________

イ・セフン

・ジスの元夫
・江南の大手法律事務所 弁護士

キム・ヨンフン

__________

チュ・ヨンウ

・ジェヒョンの後輩
・ジスの大学同期

イ・テソン

__________

1993年のヨンウ

・法学部の大学生
・学生運動に参加する

イ・ビョンホン

__________

ヤン・ヘジョン

・ジスの高校、大学の同期

ウ・ジョンウォン

__________

1993年のヘジョン

・工学部化学工業学科の大学生

パク・ハンソル

__________

チェ・ソンヒ

・ジスの職場仲間

キム・ヨナ

__________

以上「花様年華~君といた季節~」のご紹介でした。
画像は公式サイトよりお借りいたしました。
感謝!
__________

お帰りの際は応援ポチポチよろしくお願いいたします↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村


韓国ドラマランキング

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

hacchi
hacchi
『冬ソナ』以来、韓国ドラマにのめり込んで早10年以上。その間に見てきた膨大な数のドラマの情報を踏まえつつ、私独自の視点に基づいた自由な切り口で、ドラマを紹介していきます。