左利きの妻

KBS 全103話 2019年

演出:キム・ミョンウク

脚本:ムン・ウナ

出演:イ・スギョン キム・ジヌ チン・テヒョン ハ・ヨンジュほか

最高視聴率:22.5%(TNmS)

あらすじをチェック!

サナ(イ・スギョン)とスホは、スホが孤児院で妹のように可愛がっていたエスター(ハ・ヨンジュ)と一緒に新婚旅行に向かう。一方、スホはエスターの彼氏ドギョン(キム・ジヌ)と一緒に車に乗ったのだが、そこで不可解な交通事故に遭い…。

登場人物&キャストをチェック!

オ・サナ

・化粧品開発 研究員
・スホの妻
・5年前、新婚旅行中に夫が消えた

イ・スギョン

1982年3月13日生まれ/170cm/A型。2003年、ホワイト(ナプキン)のCMでデビュー。モデルとして活動後、女優の道へ。私にとってのお初は「金よ出てこいコンコン(2013)」。スタイルもよく、お顔も美しいスギョンさんはビジュアル的に完成度が高く、ほれぼれするほどでしたが、役柄が何しろ嫌な女の役で。最初の印象は最悪だったんだよな。そのイメージを完全に払拭したのは「ゴハン行こうよ(2013~2014)」を観てから。彼女のまわりだけ時間がゆっくり流れているような、穏やかな空気感が今はとても好きです。そういえば、あんなにスレンダーなスギョンさんですが、高校時代は今より20kgも太っていたんですって。頑張ったのね~。
__________

イ・スホ

・救急科専攻 医師
・サナの夫
・赤ちゃんのとき孤児になる
・新婚旅行中、不可解な事故に遭う

パク・ドギョン

・オーラグループの財閥3世
・行方不明になったいとこの代わりに会社を引き継ぐことになる
・アメリカ支社への異動が決まり、移動前にエスターに会いに行こうとしたところ交通事故に遭ってしまう

キム・ジヌ

1983年7月17日生まれ/183cm/B型。2006年、演劇「アダムとイブ、私の犯罪学」でデビュー。私にとってのお初は「運命の誘惑(2010~2011)」でした。ユン・ジョンヒさん扮するシニョンを優しく守り続ける誠実な男性ヨヌがジヌさんのイメージになりましたね~。その後、見た「イニョン王妃の男(2012)」ではまるで真逆なプレイボーイ役でしたけどね(笑)元々歌手志望だったんですって。ミュージカル界で活躍した後、「ロードナンバーワン(2010)」でドラマデビュー。誠実なイメージのある人です。

__________

キム・ナムジュン

・オーラグループ パク会長の秘書室長
・孤児院出身
・ドギョンが事故で意識を失っていた間、グループ後継者として奮闘
・5年ぶりにドギョンが目を覚まし、計画が崩れ始める

チン・テヒョン

1981年2月15日生まれ/176cm/O型。2001年、MBC公開採用タレント30期に合格しデビュー。初めてテヒョンさんを観たのは、「天使の誘惑(2009)」だと思っていたんですが、もしかしたら「雪の女王(2006)」が先だったかも。とてもかっこいいんですが、ついつい井戸田潤さんを思い出しちゃうのは私だけ?(笑)ちなみに、奥様は女優のパク・シウンさんです。テヒョンさんご夫妻は、2019年に大学生の女性と養子縁組したことを発表。2015年に新婚旅行で訪れた済州島にある養護施設で出会ったんですって。これぐらいの年齢からの養子縁組を決断するって、それはよほどの信頼関係と強い覚悟がなければ難しいと思います。ご夫婦2人が同じ価値観でなければできないことだと思うし、とてもすごいこと。テヒョンさんファミリーに幸あれ!ですね。

__________

チャン・エスター

・オーラグループ系列の美術館キュレーター
・スホと同じ孤児院出身
・ドギョンの子を妊娠する

ハ・ヨンジュ

1987年8月6日生まれ/171cm/B型。2008年、「あの方がいらっしゃる」で女優デビュー。なんとなんと彼女はIQ156だそうでして、人口上位2%の知能指数を有する人たちが集まる団体メンサの会員なんですって。美人でスタイルが良くて、しかも天才的頭脳の持ち主だなんて、神様も不公平なことをしてくれたもんです(笑)ヨンジュさんを初めて観たのは「マイ・シークレットホテル(2014)」だったかと思います。わがままな財閥令嬢役がよく似合ってたな。気が強い役が多いイメージ。

__________

チョ・エラ

・オーラグループ系列の美術館館長
・ドギョンの母

イ・スンヨン

__________

オ・チャンス

・サナの父
・化粧品製造会社の社長

カン・ナムギル

__________

ペク・グムヒ

・サナの母

キム・ソラ

 

__________

パク・スンテ

・ドギョンの祖父
・オーラグループ会長

キム・ビョンギ

__________

チョン・スニム

・ドギョンの祖母

ソヌ・ヨンニョ

 

__________

パク・ガンチョル

・ドギョンの父
・オーラグループ社長
・エラの夫

チョン・チャン

__________

パク・ノア

・ドギョンとエスターの息子

キム・ジュニ

 

__________

以上「左利きの妻」のご紹介でした。

画像は公式サイトよりお借りいたしました。
感謝!
__________

お帰りの際は応援ポチポチよろしくお願いいたします↓↓↓


韓国ドラマ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

__________

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

hacchi
hacchi
『冬ソナ』以来、韓国ドラマにのめり込んで早10年以上。その間に見てきた膨大な数のドラマの情報を踏まえつつ、私独自の視点に基づいた自由な切り口で、ドラマを紹介していきます。