番組概要と視聴率をチェック!

tvN 2020年 全16話

演出:ナム・ギフン

脚本:ノ・ソンジェ

出演:チャン・ナラ コ・ジュン パク・ビョンウン チョン・ゴンジュほか

最高視聴率:2.950%(AGB)

あらすじをチェック!

育児雑誌「THE BABY」の次長チャン・ハリ(チャン・ナラ)は大の子供好きだ。しかし、ある日 39 歳の自分が自然妊娠できる確率を知り、そして子宮内膜症の疑いがあるため妊娠を望むなら 6 カ月しか時間がないと医師に宣告される。10 年も恋をしていないハリは、結婚よりも子供が欲しい、母になりたいと強く思い、父となる男性を探し始める。独身主義者の年上男性ハン・イサン(コ・ジュン)。家族のような男友達ユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)。新入社員の年下男子チェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)。全く異なるタイプの3人の男性を候補とし、いろいろと思考錯誤するものの一筋縄にはいかない。自分の幸せだと考える妊娠をするため悩むハリは幸せになれるのか。

__________

結婚をせず子どもだけを産みたいアラフォー女性と、3人の男性のロマンスを描く共感度抜群ラブコメディ!

引用:アジアドラマチックTV

登場人物&キャストをチェック!

チャン・ハリ

・育児雑誌「THE BABY」の記者
・次長

チャン・ナラ

1981年3月18日生まれ/163cm/A型。
2001年5月、歌手としてデビュー。
同年7月、シットコム「ニュー・ノンストップ」で女優としてもデビュー。
「ニュー・ノンストップ」の最高視聴率は39.3%、次のドラマ「明朗少女成功記(2002)」は42.6%だったそうです。
とにかくデビューしてすぐにドラマも大ヒット、歌も大ヒットで一躍チャン・ナラブームを巻き起こします。
だってさー、ほんとにかわいいんだもん。
男子じゃなくても老若男女みんなが大好きになっちゃうであろう愛らしさ♡
そして、驚きなのが、今そのころの映像を見ても、「今とちっとも変わってないじゃん!」と本気で思えること。
その後2005年から5年間ほど中国を活動の拠点にしたようですね。
中国でもすごい人気があるそうです。
2011年にドラマ「童顔美女」で韓国ドラマに復帰。
彼女を象徴したようなタイトルです(笑)
1981年生まれ?え、嘘でしょ?ってぐらい、今でも表情といい、スレンダーな体つきといい、まるで「少女」のような可憐さなんですよね。
私は彼女の声も好き。
小鳥がささやくような心地よい響きだなぁといつも感じます。
「運命のように君を愛してる(2014)」「君を憶えてる(2015)」「もう一度ハッピーエンディング(2016)」「ゴー・バック夫婦(2017)」「皇后の品格(2018~2019)」……。
私が観た彼女のドラマはハズレなしです、いやマジで。

ハン・イサン

・フリーのフォトグラファー
・独身主義者

コ・ジュン

1978年12月8日生まれ/184cm/O型。
19歳のころから演劇の活動を始め、2001年、映画「ワニとジュナ~揺れる想い~」でデビュー。
映画を中心に活動していた俳優さんのようです。
私的には「グッドワイフ~彼女の決断~(2016)」がお初かな。
ミスティ~愛の真実~(2018)」ではチョン・ヘジンさん扮するウンジュの夫役でした。
なんかすごいクセのある男だった~。
危険な香りが漂うミステリアスな男。
あまり好きな感じではなかったけれど、インパクトは大でしたわ。
次の「熱血司祭(2019)」が大ヒットし、2019年SBS演技大賞で助演賞を受賞したそうです。
最近はもう一気にステップアップした印象。
「オー!マイベイビー」でナラちゃんと共演したあと、続く作品は「浮気したら死ぬ(2020~2021)」。
今度はチョ・ヨジョンさんの旦那様役ですよ!
18年間も無名時代を過ごした遅咲きの俳優さんなので、私も全力で応援したいと思います(笑)

ユン・ジェヨン

・小児科医師

パク・ビョンウン

1977年7月14日生まれ/181cm/B型。
2000年、ドラマ「新貴公子」でデビュー。
2015年、映画「暗殺」が大ヒットし、主演のチョン・ジヒョンさんの婚約者である日本人将校役でついに注目され始めたそうです。
苦節何年よ?(泣)
その後、映画「ワンライン/5人の詐欺師たち(2017)」で主演の5人に抜擢。
ここ数年はもうすっかり「ドラマでよくお見かけするお顔」になりましたよね。
「この恋は初めてだから(2017)」「推理の女王(2017)」「推理の女王2~恋の捜査線に進展アリ?!~(2018)」「ミストレス~愛に惑う女たち~(2018)」「親愛なる判事様(2018)」「ボイス3~112 の奇跡~(2019)」などなど……。
個人的には「この恋は初めてだから」のビョンウンさんがかわいらしくて好きです(笑)
「ミストレス~愛に惑う女たち~」も面白くて大好きな作品。

ミストレス~愛に惑う女たち~|第1話あらすじ&最終回まで観た感想

チェガン・ウトム

・「THE BABY」広告チーム新入社員

チョン・ゴンジュ

1995年5月26日生まれ/187cm。
2017年、DAYS6「好きです」のMVでデビュー。
2018年からはウェブドラマを中心に俳優として活動。
地上波ドラマデビューは「偶然見つけたハル(2019)」。
この作品で知名度が急上昇したようです。
先日韓国で始まったばかりのJTBCの新水木ドラマ「月刊家」にも出演中です。
2021年もますます飛躍の年になりそう♡

シン・ジョンファ

・「THE BABY」編集長

キム・ジェファ

パク・ヨンホ

・「THE BABY」記者

ペク・スンヒ

チェ・ヒョジュ

・「THE BABY」記者

リジ

イ・ソユン

・「THE BABY」記者

チョン・ソンギョン

イ・オクラン

・ハリの母

キム・ヘオク

キム・ウニョン

・ハリの親友

イ・ミド

チュ先生

・産婦人科医師

ムン・ヒョンジョン

イ・オクヒ

・ハリの叔母
・パン屋経営

キム・イェリョン

パク・ジェハン

・オクヒの夫

イ・ハヌィ

ナム・スチョル

・フォトスタジオ室長

チョ・ヒボン

キム・サンヒ

・フリーのフォトグラファー

ソン・ファリョン

スンナム

・イサンの母

イ・ジュシル

チョ会長

・ダチェメディア会長

チャン・グァン

チュ・スンテ

・ダチェメディア本部長

チョン・ジンギ

キム・チョルジュン

・ダチェメディア広告営業チーム長

ユ・スンモク

チョおじさん

・食堂経営

チェ・ホンイル

__________

以上「オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~ 」のご紹介でした。
画像は公式サイトよりお借りいたしました。
感謝!
__________

お帰りの際は応援ポチポチよろしくお願いいたします↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村


韓国ドラマランキング

投稿者プロフィール

hacchi
hacchi
『冬ソナ』以来、韓国ドラマにのめり込んで早10年以上。その間に見てきた膨大な数のドラマの情報を踏まえつつ、私独自の視点に基づいた自由な切り口で、ドラマを紹介していきます。