番組概要と視聴率をチェック!

OCN 2021年 全12話

演出:ユン・ジョンホ

脚本:イ・セボム

出演:イ・ソジン イ・ジュヨン キム・ヨンチョル ムン・ジョンヒほか

最高視聴率:2.844%(AGB)

あらすじをチェック!

平坦な人生を送っていた記者ソ・ジョンイン(イ・ジュヨン)はある日、不思議な体験をする。昨日まで大統領として職務を果たしていた父ソ・ギテ(キム・ヨンチョル)は死亡し、自分を取り巻く世界まで変わっていたのだ。不審な死を遂げた父親の事件を調査するうちに1年が過ぎ、迎えた2020年。突然かかってきた電話に出ると、発信者はイ・ジヌ(イ・ソジン)と名乗る記者だった。驚くことに彼は、父親が死亡した年である2015年を生きているという。ジョンインはジヌに、父親を救ってほしいと懇願するが……。
__________
過去と現在、2人の記者が時空を超えて真実を追求するタイムワープ政治ミステリー。
「ボイス~112 の奇跡~(2017)」などクオリティの高いサスペンスドラマを多数生み出してきたOCNが、タイムワープ×政治ミステリーという新しいジャンルに挑戦。

2015年を生きる記者 イ・ジヌを演じるのは、ドラマ・映画・バラエティなど多方面で活躍中の俳優イ・ソジン。
「トラップ~最も残酷な愛~(2019)」に引き続き、OCNのミステリードラマで緊張感あふれる演技を披露する。
2020年現在、殺害された大統領の娘 ソ・ジョンインを演じるのは、大ヒットドラマ「梨泰院クラス(2020)」で個性的なキャラクターを演じた女優イ・ジュヨン。
今作がドラマ初主演となる彼女の演技にも注目。

5年の時を超え電話で繋がる2人の記者が、権力者たちが作り上げた嘘と隠された真実に立ち向かう。
果たして2人は過去を変え、殺害された大統領を救い出すことが出来るのか?
実力派キャストが送る、新ジャンルのミステリードラマをお楽しみに!

引用:Mnet

登場人物&キャストをチェック!

イ・ジヌ

・2015年を生きるニュースメディア”タイムズ”の記者
・真実を追求することに強い信念を持っている
・記事を通して権力者たちの裏の顔を暴いている
・ソ・ギテ大統領の補佐官だった弟を亡くしている

イ・ソジン

1971年1月30日生まれ/178cm/A型。
1999年、ドラマ「波上の家」でデビュー。

主な出演ドラマ
「波上の家(1999)」「ワンチョ(1999)」「彼女の家(2001)」「君に出会ってから(2002)」「星を射る(2002~2003)」「チェオクの剣(2003)」「火の鳥(2004)」「Freeze(フリーズ)(2006)」「恋人(2006)」「イ・サン(2007~2008)」「オンエアー(2008)」「紅の魂(2009)」「階伯(ケベク)(2011)」「本当に良い時代(2014)」「結婚契約(2016)」「トラップ~最も残酷な愛~(2019)」
 
主な出演映画
「ゴーストタクシー(2000)」「アイ・ラブ・ユー(2001)」「無影剣 SHADOWLESS SWORD(2005)」「今日の恋愛(2014)」「完璧な他人(2018)」

__________

ソ・ジョンイン

・2020年を生きるDBS報道局の記者
・大統領の娘
・殺害された父を救うため、ジヌと共に過去を変えようとする

イ・ジュヨン

1992年2月14日生まれ/162cm/A型。
2012年、短編映画「遭遇」でデビュー。
多くの短編映画に出演して演技力を磨き、ドラマ「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~(2016~2017)」で知名度を上げる。
日本でも大ヒットしたドラマ「梨泰院クラス(2020)」で大ブレイク。

主な出演ドラマ
「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~(2016~2017)」「キンコンカン 恋の始まり(2017)」「よくおごってくれる綺麗なお姉さん(2018)」「私だけに見える探偵(2018)」「梨泰院クラス(2020)」
 
主な出演映画
「旅行の妙味(2013)」「春の夢(2016)」「夢のジェイン(2016)」「養蚕をした部屋(2016)」「人類の永遠のテーマ(2016)」「チェ氏の映画部屋(2016)」「ザ・ネゴシエーション(2018)」「ナマズ(2019)」「野球少女(2019)」

__________

ソ・ギテ

・現役の大統領
・ジョンインの父
・元記者
・過去が変わり、2015年の大統領選挙で暗殺されてしまう

キム・ヨンチョル

1953年2月25日生まれ/175cm/O型。
1973年、劇団「民芸」に入団し芸能活動をスタート。
1977年、TBC公開採用タレント18期に合格。
1979年、ドラマ「オイ コムニェよ(야 곰례야)」でデビュー。

主な出演ドラマ
「女心(1986)」「愛情の条件(1987)」「その年冬は暖かかった(1988)」「王道(ワンド)(1991)」「あの野菊の如く(1993)」「風の息子(1995)」「太祖王建(テジョワンゴン)(2000~2002)」「危機の男(2002)」「ソウル1945(2006)」「どれだけ好きなの(2006)」「大王世宗(2008)」「新・ソウルトゥッペギ(2008)」「アイリス(2009)」「名家(ミョンガ)(2010)」「美しき人生(2010)」「王女の男(2011)」「赤道の男(2012)」「星も月もあなたへ(2012)」「優しい男(2012)」「アイリス2(2013)」「剣と花(2013)」「太陽がいっぱい(2014)」「本当に良い時代(2014)」「チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者~(2016)」「ハッピー・レストラン~家和萬事成(カファマンサソン)~(2016)」「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変!?~(2017)」「クリミナル・マインド:KOREA(2017)」「私の国(2019)」
 
主な出演映画
「白い微笑(1980)」「業(1988)「逃げた馬(1989)」「その後も長い間(1990)」「甘い人生(2005)」「あいつの声(2007)」「マイ・ファーザー(2007)」「アイリス -THE LAST-(2010)」「アイリス2:LAST GENERATION(2013)」「技術者たち(2014)」「ごめんね 愛してる ありがとう(2014)」

__________

キム・ヨンジュ

・ソ・ギテの側近として彼をサポートする国会議員
・母親のいないジョンインの母代わりのような存在

ムン・ジョンヒ

1976年1月12日生まれ/164cm。
1998年、ミュージカル「義兄弟」でデビュー。

主な出演ドラマ
「シンドン(2005~2006)」「恋愛時代(2006)」「独身天下(2006)」「恋人(2006)」「幸せな女(2007)」「エア・シティ(2007)」「マイスウィートソウル(2008)」「ヨメとお嫁さま(2008)」「千秋太后(2009)」「憎くてももう一度(2009)」「オー!マイレディ(2010)」「愛を信じます(2011)」「千日の約束(2011)」「あなただけよ(2011~2012)」「約束のない恋(2013~2014)」「ママ~最後の贈りもの~(2014)」「波乱万丈嫁バトル(2015~2016)」「天気がよければ会いにゆきます(2020)」「サーチ(2020)」
 
主な出演映画
「私にも妻がいたらいいのに(2001)」「子猫をお願い(2001)」「スリー [メモリーズ](2002)」「狐怪談(2003)」「風の伝説(2004)」「下流人生(2004)」「美しき野獣(2005)」「僕の,世界の中心は,君だ。(2005)」「強敵(2006)」「BIG BANG!~撃ちまくれ~(2007)」「トラブルシューター 解決士(2010)」「カフェ・ノワール(2010)」「ごめんね、ありがとう -私の弟-(2011)」「ヨンガシ 変種増殖(2012)」「かくれんぼ(2013)」「明日へ(2014)」「パパをお貸しします(2014)」「パンドラ(2016)」「七年の夜(2018)」「暗数殺人 (2018)」「私が死んだ日(2020)」

__________

ト・ヨンジェ

・過去、ジヌと共に”タイムズ”を立ち上げた人物
・2020年現在は、ジョンインが働く会社の代表

キム・イングォン

__________

ミョン・スギョン

・2015年は”タイムズ”の記者
・2020年ではジョンインが働く会社の記者

ムン・ジイン

__________

イ・グヌ

・ジヌの弟
・ギテの補佐官

ハジュン

__________

カン・シンウク

・DBS報道局 チーム長

チョン・ソンイル

__________

ナム・ソンボム

・国会議員

ユ・ソンジュ

__________

パク・ギュミン

・ギテの前の大統領

ソン・ヨンチャン

__________

ハ・ドギョン

・ジヌの友人
・2015年では刑事
・2020年では探偵

シム・ヒョンタク

__________

ユン・ソンホ

・刑事

ホ・ジェホ

__________

オ・ジョンシク

・刑事

ペ・ヒョンギョン

__________

以上「TIMES」のご紹介でした。
画像は公式サイトよりお借りいたしました<(_ _)>
感謝!
__________

お帰りの際は応援ポチポチよろしくお願いいたします↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村


韓国ドラマランキング

__________

スポンサーリンク

 

投稿者プロフィール

hacchi
hacchi
『冬ソナ』以来、韓国ドラマにのめり込んで早10年以上。その間に見てきた膨大な数のドラマの情報を踏まえつつ、私独自の視点に基づいた自由な切り口で、ドラマを紹介していきます。