検索ワードを入力してください:WWW

2019年 全16話 tvN

演出:チョン・ジヒョン クォン・ヨンイル

脚本:クォン・ドウン

出演:イム・スジョン イ・ダヒ チョン・ヘジン チャン・ギヨンほか

最高視聴率:4.199%(AGB)

あらすじをチェック!

ポータルサイト業界1位の“ユニコーン”でサービス戦略本部長を務めるペ・タミ(イム・スジョン)は、信頼していた上司ソン・ガギョン(チョン・ヘジン)に見放され、理不尽な理由で解雇されてしまう。
その腹いせにライバル社“バロ”への転職を決意したタミは、犬猿の仲であるチャ・ヒョン(イ・ダヒ)と共に“バロ”を業界1位にすべく奮闘する。
そんな中、タミはゲームセンターで偶然出会ったパク・モゴン(チャン・ギヨン)と意気投合し、お酒の勢いで一夜を共にするのだが…。

登場人物&キャストをチェック!

ペ・タミ

・ポータルサイト“ユニコーン”のサービス戦略本部長

イム・スジョン

1980年7月11日生まれ/167cm/A型。1998年、雑誌「Ceci」の表紙モデルとしてデビュー。2003年、映画「箪笥」で主演し、青龍映画賞の新人女優賞を受賞。私にとってのお初は、日本でもリメイクされた名作ドラマ「ごめん、愛してる(2004)」。もう何度も何度も書いてますけどね。「ごめん、愛してる」は私にとって、ドラマの中に自分を投入しすぎ、気持ちを揺さぶられすぎ、現実を見失ってしまったとんでもなく思い入れの深いドラマなんですね。泣いて泣いて泣いて泣きすぎて、本当にもう何日も思い出しては泣いて、それから数年の間、韓国ドラマを見ることができなくなってしまったほど衝撃を受けたという、まさにミサ廃人にさせられたドラマ。なので、スジョンちゃんを見ると、条件反射的にはウンチェ~と思ってしまうし、ウンチェのラストの選択を思い出してはまた泣けてしまうわけなんです。「シカゴ・タイプライター~時を越えてきみを想う~(2017)」で10年以上ぶりにスジョンちゃんを見て、ようやくスジョンちゃん=ウンチェのイメージから解き放たれた感じ。年齢を重ねてもなおキュートで少女っぽさを残しているスジョンちゃんはステキだなと思います。大好き♡

__________

チャ・ヒョン

・ポータルサイト“バロ”のソーシャル本部長
・元柔道選手

イ・ダヒ

1985年3月15日生まれ/174cm。2002年、スーパーモデル選抜大会で「美しい国」受賞し、モデルとしてデビュー。その後、女優としてもデビュー。すらりと伸びた長い手足と小さなお顔が本当にお人形さんのように美しい女優さんです。私にとってのお初は「バーディバディ(2011)」かな。ちゃんと見たのは「秘密(2013)」が最初だったかも。「君の声が聞こえる(2013)」の印象も強いです。以前はその完璧すぎるビジュアルが逆に邪魔して、演技がとても薄っぺらく見えていたんですが、最近は内面のパッションも感じられるようになってきた気がします。そう、以前はお人形さん感が強すぎて、心が感じられなかったんだよな。あくまでも私個人の意見なんですけどね。温かみが届くようになってからのダヒさんは結構好きです。「ビッグマン(2014)」が一番好きだったけど、最近見た「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~(2018)」のダヒさんも良かったな。あ、「推理の女王2(2018)」も面白かったです。

__________

ソン・ガギョン

・ポータルサイト“ユニコーン”の代表理事
・タミの先輩
・政略結婚をして10年

チョン・ヘジン

1976年1月1日生まれ/171cm。1998年、映画「殺す話」でデビュー。1997年、ミスコリア慶南「善(2位)」だそうです。私にとってのお初は、主演のスジョンちゃん同様、「ごめん、愛してる(2004)」です。ソ・ジソブさん扮するムヒョクの双子の姉で、知的障がいを持っているソギョン役だったので、ミスコリア出身だとは正直全然気付かなかったな。それぐらい外見の美しさを封印して、ソギョンに成りきっていたのでしょう。ちなみに、ヘジンさんのご主人は、俳優のイ・ソンギュンさんです。大学の同期だったんですって。

__________

パク・モゴン

・ゲーム音楽制作会社の社長

チャン・ギヨン

1992年8月7日生まれ/187cm/B型。2012年、ソウルコレクションでモデルデビュー。モデルとして活躍しつつ、2014年から俳優としてもデビュー。「カノジョは嘘を愛しすぎてる(2017)」と「ゴー・バック夫婦(2017)」で知名度を上げた俳優さんだそうです。私にとってのお初は「ゴー・バック夫婦」。この背が高くて、涼しげな目元の彼は一体誰よ?とめちゃめちゃ食いついたのが私のお初です。いや、正確に言うと、もっと前からギヨンさんのドラマは見てたはずなんですが、あんまり印象に残ってなくてね。制服姿もかっこよかったし、腕まくりしたシャツから見える逞しい腕はとってもセクシーでした。チャン・ナラちゃん扮するジンジュを見つめる誠実で熱い瞳に何度もドキドキさせられたな~。「ここに来て抱きしめて(2018)」のギヨンくんもめちゃめちゃステキでした♡

__________

ソル・ジファン

・朝ドラの助演俳優

イ・ジェウク

 

__________

オ・ジヌ

・映画制作会社の社長
・財閥の御曹司
・ガギョンの夫

チ・スンヒョン

__________

ミン・ホンジュ(ブライアン)

・“バロ”の代表

クォン・ヘヒョ

 

__________

ピョ・ジュンス(マシュー)

・“バロ”のゲーム事業本部長

キム・ナムヒ

 

__________

チェ・ボンギ(ジョセフ)

・“バロ”の社員
・元社会部記者

ウ・ジヒョン

__________

チョ・アラ(エリー)

・“バロ”の社員

オ・アヨン

 

__________

ホン・ユジン(ジェニー)

・“バロ”の開発チーム長

ハ・スンリ

 

__________

チェ・ジョンフン(アレックス)

・“バロ”のマーケティングチーム長

ソン・ジホ

 

__________

ナ・インギョン

・“ユニコーン”の代表

ユ・ソジン

 

__________

キム・ソヌ

・モゴンのゲーム音楽制作会社共同代表

タク・ウソク

 

__________

チョン・ダイン

・モゴンの中学の同級生
・ピアノの先生

ハン・ジワン

__________

ユン・ドンジュ

・インターネット放送BJ

チョ・ヘジュ

 

__________

チャン・ヒウン

・KUグループの会長

イェ・スジョン

 

__________

以上「検索ワードを入力してください:WWW」のご紹介でした。
画像は公式サイトよりお借りいたしました<(_ _)>感謝!

__________

お帰りの際は応援ポチポチよろしくお願いいたします↓↓↓


韓国ドラマ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

__________

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

hacchi
hacchi
『冬ソナ』以来、韓国ドラマにのめり込んで早10年以上。その間に見てきた膨大な数のドラマの情報を踏まえつつ、私独自の視点に基づいた自由な切り口で、ドラマを紹介していきます。