浪漫ドクターキム・サブ2

SBS 全16話 2019~2020年

演出:ユ・インシク イ・ギルボク

脚本:カン・ウンギョン

出演:ハン・ソッキュ アン・ヒョソプ イ・ソンギョン キム・ジュホンほか

最高視聴率:27.1%(AGB)

あらすじをチェック!

コサン大学病院でミングク(キム・ジュホン)が担当するライブ手術が行われる。だが患者の容体が突然悪化、慌てるミングクだったが、そこに適切な処置を指示したメモが届けられる。メモを渡したのは聴講していた胸部外科フェロー2年目のウンジェ(イ・ソンギョン)だった。実はウンジェにメモを託したのは後ろの席に座ったキム・サブと名乗る謎の医師(ハン・ソッキュ)。キム・サブは一般外科、胸部外科、神経外科3つの専門分野で神の手を持つと呼ばれる天才医師だったが、出世には目もくれず片田舎のトルダム病院で働いている変わり者として有名だった。メモを渡したのがキム・サブだったと知り、ミングクは数年前に起きたある事故を思い出す。その後ウンジェは安定剤の過剰摂取が原因で手術中に倒れてしまいトルダム病院に左遷されることに。同じ頃、ウンジェの医学部時代のライバルであり友達以上の関係だったウジン(アン・ヒョソプ)もまた、医療事故を告発したことが原因で勤めていた大病院を追い出されてしまう。失意のウジンを見かけたキム・サブはトルダム病院にスカウトすることに。こうしてウンジェとウジンはキム・サブの元で医師として新たな道を歩きはじめる。そんな中キム・サブと対立関係にあったコサン大学病院の元院長ユンワン(チェ・ジノ)はキム・サブを追い出すためにミングクを送り込む。窮地に陥るトルダム病院のメンバーたち、追い打ちをかけるようにキム・サブはかつて手術を受けた手首にある不調が起きているのを感じていた…。

登場人物&キャストをチェック!

キム・サブ(プ・ヨンジュ)

・「神の手」を持つ伝説の外科医
・本名を隠してトルダム病院で患者を救うことに心血を注ぐ
・かつてコサン大学病院を追われた

ハン・ソッキュ

1964年11月3日生まれ/175cm/AB型。1990年、KBS声優22期でデビュー。翌1991年、MBC公開採用タレントに合格。1993年、最高視聴率61.1%を記録したドラマ「息子と娘」に出演し注目される。さらに同じ年、チェ・スジョンさん、チェ・シラさんらと共に主演となったドラマ「パイロット」が40%を超える視聴率を記録。翌1994年、「ソウルの月」に出演し、これまた最高視聴率48.7%を記録したそうです。その後は映画の世界で大活躍。テレビドラマに戻ってきたのは、「根の深い木(2011)」みたいですね。うんうん、私がソッキュさんを知ったのはこのドラマが最初でした。最高視聴率27.6%を記録した「浪漫ドクターキム・サブ (2016~2017)」のイメージも強いです。シーズン2はさらに高視聴率を獲得。ソッキュさんのドラマにハズレなしです。

__________

ソ・ウジン

・外科フェロー2年目
・父の借金返済に追われ、第病院で金を稼ごうとするも、追い出される
・サブにスカウトされる

アン・ヒョソプ

1995年4月17日生まれ/187cm。2015年、ドラマ「いつもカンターレ」でデビュー。私にとってヒョソプくんは「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変!?~(2017)のチョルスですね。ファヨンちゃん演じる気が強くて自由奔放なラヨンに振り回される彼氏役がめちゃめちゃかわいくて、今でもヒョソプくんにはついつい母目線になっちゃう私です。「もう一度ハッピーエンディング(2016)」のヒョソプくんにも母性本能をくすぐられます。そう、彼にはどこかかわいらしさがあるというか、甘えさせてあげたくなるような不思議な魅力を感じるんだよな。別に子どもっぽいわけでもないのにね。「30だけど17です(2018)」を経て、ついに大ヒットドラマのシーズン2「浪漫ドクターキム・サブ2(2019~2020)」で、トルダム病院にやってくる外科医役という大きな役をゲット。ずっと応援していたので、めちゃめちゃ嬉しいです。

__________

チャ・ウンジェ

・胸部外科フェロー2年目
・優秀だが、極度のプレッシャーから精神安定剤を服用

イ・ソンギョン

1990年8月10日生まれ/175cm/B型。2008年、第17回スーパーモデル選抜大会でレックス賞を受賞しデビュー。翌年にはアジア太平洋スーパーモデル選抜大会でトップ5入りし、ユニックスヘアニュースタイル賞を受賞したそうです。「大丈夫、愛だ(2014)」が女優デビュー作品。ちょっとぶっ飛んでる個性的な役が多い印象です。象徴的なのは「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ(2016)」。腹が立つほど自己中で、頭の悪い女の役だったけど、感情をむき出しにして怒り狂い、泣き叫ぶ姿は圧巻でした。文句なしのビジュアルなのに、そこに頼ることない、高い演技力がソンギョンちゃんの魅力です。

__________

パク・ミングク

・コサン大学病院 外科医
・ト理事長に命じられ、サブを追い出すためトルダム病院へ

キム・ジュホン

1980年3月1日生まれ/180cm/A型。2007年、演劇「ギャングスターNO.1」でデビュー。ずっと舞台中心に活動してきた俳優さんのようです。ドラマは「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~(2016)」が最初みたい。パク調査官だったジュホンさん、覚えてます。「ボーイフレンド(2018~2019)」「浪漫ドクターキム・サブ2(2019~2020)」と立て続けにヒット作に出演したことで、知名度がぐんと増したでしょうね。今後あちこちでお見かけしそう。

__________

ペ・ムンジョン

・トルダム病院 整形外科医
・骨オタク

シン・ドンウク

 

__________

ユン・アルム

・応急医学専攻4年目
・サブの下で働くため、派遣勤務を志願

ソ・ジュヨン

__________

チョン・インス

・トルダム病院 応急医学専門医
・単身赴任中

ユン・ナム

__________

ヨ・ウニョン

・トルダム病院 病院長

キム・ホンパ

 

__________

オ・ミョンシム

・トルダム病院 首席看護師

チン・ギョン

 

__________

チャン・ギテ

・トルダム病院 行政室長
・ミョンシムの元夫

イム・ウォニ

__________

ナム・ドイル

・フリーランスの麻酔専門医
・普段は食堂を営んでいる

ピョン・ウミン

 

__________

パク・ウンタク

・看護師

キム・ミンジェ

 

__________

オム・ヒョンジョン

・ベテラン看護師
・オ看護師を尊敬している

チョン・ジアン

__________

チュ・ヨンミ

・看護師

ボラ

 

__________

シム・ヘジン

・コサン大学病院 麻酔専門医

パク・ヒョジュ

 

__________

ト・ユンワン

・コサン大学財閥 新任理事長
・病院長だった3年前、再任に失敗し、サブを目の敵にしている

チェ・ジノ

__________

以上「浪漫ドクターキム・サブ2(2019~2020)」のご紹介でした。
画像は公式サイトよりお借りいたしました。
感謝!

__________

お帰りの際は応援ポチポチよろしくお願いいたします↓↓↓


韓国ドラマ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

__________

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

hacchi
hacchi
『冬ソナ』以来、韓国ドラマにのめり込んで早10年以上。その間に見てきた膨大な数のドラマの情報を踏まえつつ、私独自の視点に基づいた自由な切り口で、ドラマを紹介していきます。