ユ・ビョルナ!ムンシェフ

チャンネルA 全16話 2020年

演出:チェ・ドフン チョン・ホンス

脚本:チョン・ユリ キム・ギョンス

出演:エリック(神話/SHINHWA) コ・ウォニ コ・ドヨンほか

最高視聴率:0.856%(AGB)

あらすじをチェック!

ムン・スンモ(エリック)は世界中を飛び回る売れっ子シェフ。ある日、実家の韓国料理店でご飯を食べていたところ見知らぬ女の子ソラ(コ・ドヨン)が現れ、スンモが父親だと言い張る。身に覚えのない事態に慌てるスンモだが、ひとまずソラを両親に預けオーストラリア出張に出かけることに。一方、ワーカホリックなデザイナーのユジン(コ・ウォニ)は、食事もとらず不規則な生活を送っていた。仕事で訪れたオーストラリアでスンモと出会うが、仕事柄、マイ包丁を持ち歩いていたスンモを怪しみ警察に通報する。だがその直後ユジンは栄養失調で倒れてしまう。そんなユジンをスンモはホームレスと勘違いし、お互い誤解したまま2人は別れる。その頃、スンモの実家ではある人物の陰謀により火事が起き両親が命を落としてしまう。急ぎ帰国したスンモは残されたソラと共に、両親が老後のために購入した家があるソハ村へ移住することに。そこに、事故に巻き込まれ記憶を失ったユジンが現れる。村人たちからユジンの面倒を見るよう命じられたスンモは、ユジンをユビョルナ(=変わり者)と名付け、一つ屋根の下で暮らすことに。こうしてスンモは身元の分からないユジンとソラと共に奇妙な共同生活をスタートさせる。小言を言いつつも、心の込もった料理で2人を癒していくスンモ。そして美味しそうに食べる2人を見ながらスンモもいつしか両親を失った傷が癒えていくのを感じる。だが、ユジンの事故には亡き母を巡る秘密があった。そしてユジンの記憶が戻らない中、自分こそがユジンだと名乗る人物が現れ…。

登場人物&キャストをチェック!

ムン・スンモ

・韓国を代表するスターシェフ
・80年も続く食堂を営んでいた両親が他界し、ソハ村に移り住む

エリック(神話/SHINHWA)

1979年2月16日生まれ/180cm/B型。1998年、6人組K-POPグループ「神話(SHINHWA)」のリーダーとして歌手デビュー。20年以上たった今でも解散してないからすごいです。エリックさんのドラマは「火の鳥(2004)」「ラブ・ミッション(2011)」「恋愛の発見(2014)」「また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~(2016)」を見ましたが、みんなちょっと高慢な自信家で、上から目線でズケズケものを言うキャラだったような。でも、自分は本当に愛されているのだろうかといつも不安がっているような、どこか繊細な部分も併せ持っている感じがエリックさんの得意分野って気がします。今回もツンデレキャラみたいよ。

__________

ベラ/ユ・ユジン

・世界的ファッションデザイナー
・公に顔を出さず活動している
・事故で記憶を失いソハ村へ

コ・ウォニ

1994年9月12日生まれ/170cm/O型。2011年、「ウリドゥルチェア」のCMでデビュー。アシアナ航空の歴代最年少モデル(当時)となり、一気にブレイク。私にとってのお初は「花たちの戦い~宮廷残酷史~(2013)」。幼い少女の身で年老いた仁祖の2番目の正室となるチャンニョル王妃役だったウォニちゃん。幼いながらも自分の使命を受け入れ、孤独やヤンジョンの陰謀と闘いながら、強く逞しく生きる賢い女性役が実に似合っていましたね。「猫がいる、ニャー!(2014)」で制服姿の彼女を見て、こんなに若い子だったんだ!と逆に驚いたほど。ま、実年齢はこの時点で高校生ではなかったけどさ(笑)その後「君を愛した時間(2015)」などを経て、ついに「星になって輝く(2015)」で主演となりました。あどけなさの残る清楚なお顔だけど、その奥に何があっても揺るがない凜とした意志の強さを感じる女優さんです。

__________

キム・ソラ

・ムンシェフが父親だと言い張る少女

コ・ドヨン

__________

パン・ダフン

・ムンシェフの幼なじみ
・ソラの面倒を見る

チェ・グァンジェ

1985年8月6日生まれ/175cm。ドラマ「僕らのイケメン青果店(2011~2012)」や映画「チャ刑事(2012)」などにも小さな役で多数出ていますが、本人的には2016年の映画「マスター」をデビュー作としているそうです。この作品をきっかけにオファーが増えたから。日本での留学経験があり、日本語に堪能なんですって。時々、日本人役もやってるみたい。どんどん知名度を上げているので、要チェックです!

__________

ムン・ビョンハク

・スンモの父
・80年続く食堂を営んでいた
・火災で死去

チョン・ギュス

__________

チョン・ヘスク

・スンモの母
・火災で死去

クォン・ギソン

__________

チェ・ゴヌ

・食品会社 企画室長
・ムンシェフのビジネスパートナー

チュ・ジョンヒョク(PARAN)

1983年10月19日生まれ/178cm/A型。2005年、5人組男性グループ「PARAN」のリーダーとして歌手デビュー。ライアンことジョンヒョクさんは、主にミュージカルやドラマで俳優として活動しています。2018年、「PARAN」が10年ぶりに3人組として再集合してアルバムを発表したみたい。解散はしてなかったんだね(笑)
__________

チャン・ソニョン

・ファッション実業家
・ベラのブランド「Belle ombre」代表
・ベラの代理人

キル・ヘヨン

__________

ユ・ヒョミョン

・デザイナー
・モデル出身
・ベラの母
・20年前に他界
・ソニョンの親友

キム・ジョンファ

__________

コン・ヒョスク

・ソハ喫茶店勤務
・モデルを目指して上京したが、挫折し村に戻ってきた

ソン・ジウ

__________

イム・チョリョン

・ドンハンインターナショナル代表
・20年前、野心のために家族を捨てて、ミヨンと再婚
・ブランドを利用しようと、娘のヒョナをベラに仕立て上げる

アン・ネサン

__________

イム・ヒョナ

・チョリョンの娘
・ベラにあこがれてファッションデザイナーになった
・ベラを乗せた車で事故を起こし、ベラに成りすます

チャ・ジョンウォン

__________

ハン・ミヨン

・チョリョンの妻
・ドンハングループ会長の一人娘

イ・スンヨン

__________

カン・ジュンス

・ミヨンの息子
・ドンハンフード代表
・継父チョリョンと対立

チャン・ジェホ

__________

以上「ユ・ビョルナ!ムンシェフ」のご紹介でした。

画像は公式サイトよりお借りいたしました。
感謝!

__________

お帰りの際は応援ポチポチよろしくお願いいたします↓↓↓


韓国ドラマ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

__________

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

hacchi
hacchi
『冬ソナ』以来、韓国ドラマにのめり込んで早10年以上。その間に見てきた膨大な数のドラマの情報を踏まえつつ、私独自の視点に基づいた自由な切り口で、ドラマを紹介していきます。