kyuutei登場人物

ヤムジョン:キム・ヒョンジュ

仁祖(インジョ):イ・ドクファ

ソヒョン世子:チョン・ソンウン

嬪宮カン氏:ソン・ソンミ

ボンニム大君:キム・ジュヨン

ナム・ヒョク:チョン・テス

チャンニョル王妃:コ・ウォンヒ

 

第24話 王妃による尋問

苦悩するソヒョン世子。

仁祖が眠る大殿の前で涙を流しながら土下座をしていた。

キム内官がそれを仁祖に伝え、父親を敬い慕う孝心の表れではないかと言う。

そう言われ気分が良くなった仁祖は、世子を呼ぶように命令。

が、外に出てみると、世子はもういなかった。

仁祖は気持ちを一変させる。

余を探りに来たに違いないと。

__________

世子はドルゴンとの会話を思い出していた。

彼らは西洋の文物に触れ、学問や宗教など幅広い知識を持っていた。

世子は朝鮮を身分の差のない国にしたいと考えているとドルゴンに話す。

そのためには外国の文物を絶えず学んでいかなくてはならない。

ドルゴンは満足そうに頷き、丸い世の中は平和の証だと言って、輿地球をくれた。

平和の証だったはずの輿地球が、まさか王様を怒らせることになるとは。

世子は苦悩し1人泣いていた。

__________

女官がチョン尚宮にイ淑媛の合図のことを知らせる。

こっそり連れてくるように命令する王妃。

オンニョンはヤムジョンに知らせることができず、キム尚宮に相談する。

キム尚宮がヤムジョンに知らせるが、冷宮にいては何もできない。

ばれたらおしまいだとヤムジョンは慌てふためくが、すでにジャジョムが手を回していた。

チョン尚宮がイ淑媛の元を訪れると、そこにはイ淑媛の首つり死体が。

ジャジョムが送った刺客によって殺されたのだ。

__________

この事態を受けてキム昭容を尋問すると言う王妃。

キム昭容は連れて行かれる直前ヒョンイクからもらった薬を飲む。

発作が起きるはずだが何ともない。

オンニョンがそっと解毒剤を手渡す。

証拠があるのかと悪態をつき、開き直るヤムジョン。

王妃は、宮殿中の人々がキム昭容を恐れるがあまりにへつらい、密告などを繰り返す状況を改善したいと考え、そのためにキム昭容への厳しい罰が必要だと思っていた。

イ淑媛の遺書を見せる王妃。

ヤムジョンは一瞬顔色を変えたが、開き直り、何が書いてあるのか読むように催促する。

王妃が読もうとしたその瞬間、ヤムジョンが発作を起こす。

口から泡を吹き、気を失うヤムジョン。

当然、尋問は打ち切られる。

この遺書は王妃がヤムジョンを脅すためにでっち上げたもののようです。

遺書があると脅せば、自ら白状すると思っていた王妃。

ヤムジョンの手強さを改めて痛感したようです。

__________

なんとヤムジョンは懐妊していた。

薬のせいで気絶したんじゃないの???

王様はそんなヤムジョンを尋問した王妃を廃すと大騒ぎ。

ヤムジョンが王様をなだめ、王妃は事なきを得たが、その後ヤムジョンは王妃に手を組もうと持ちかける。

世子が王になっても王妃の天下など来るはずがない。

嬪宮の天下が来るだけ。

なぜ義理の息子の味方をしているのかと言うヤムジョン。

__________

ヒョクは傷が治り、ヒョンイクにヤムジョンへ伝えるようにとある言葉を残す。

自ら命を絶って謝罪しなければ、私が命を奪いに行くと。

__________

3人目を懐妊したことで、ヤムジョンは官位を昭容から貴人に引き上げられる。

仁祖は、元々チョ・ギの娘だから、今後はチョ貴人と呼ぶことにすると宣言。

__________

亡くなった王妃が使っていた屋敷に住むことになったヤムジョン。

ヤムジョンは実父チョ・ギに母を側室から正室にするよう命じる。

__________

嬪宮が王様を訪ね、今春、親蚕礼を行ってはどうかと提案する。

親蚕礼とは養蚕を激励する儀式のことで、王妃がたくさんの女人を従えて行幸するとのこと。

嬪宮が王妃を救おうと提案したらしい。

不機嫌そうなヤムジョンには気づかず、許可する仁祖。

王妃の母は嬪宮の行為が出しゃばりに思えておもしろくない。

__________

嬪宮は国の財政を救うため、王妃が自らの宝飾品を差し出したと言い、自らも指輪などを差し出す。

__________

ヤムジョンの懐妊にはビックリでした。

てか、そんなときに薬なんか飲んじゃって大丈夫なのかしら?

まあ、前回、毒を飲んだときの子も元気にしてるみたいだし、あまり気にしなくていいのでしょうか。

天は王妃ではなくヤムジョンの味方って感じですね。

本当にかわいそう。

せめて王様が時々でいいから王妃を愛してあげたらいいのにって思います。

一度も抱かれたことがないなんて。

そういうことがヤムジョンへの憎悪につながるんですから。

息子の気持ちさえ分からない愚王ですから、仕方ないですけどね(TωT)

__________

花たちの戦い~宮廷残酷史~ あらすじ&感想 一覧はコチラからどうぞ。

__________

お帰りの際はぜひとも応援クリックの方、

よろしくお願いいたします↓↓↓


韓国ドラマ ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

スポンサーリンク